明成皇后 第76話
再生

ブラウザーで視聴する

明成皇后 第76話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

明成皇后 第76話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
明成皇后 第76話

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
明成皇后 第76話

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
明成皇后 第76話

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

明成皇后 第76話

まで

雲ヒョン宮を訪れた馬建忠は、「清軍が出兵したのは日本を警戒したためだ。安心していい」と大院君に話す。「日本が何度も退けば清も撤退するのか」と何度も確認を取る大院君に、「日本が退けば清も退く」と約束し、そして大院君を宴に誘う馬建忠。一方、何も知らない高宗は、大院君が自ら退いたから王妃も戻るだろうと喜ぶ。そんな高宗を前に、大院君の拉致事件を伝えられない閔台鎬だが、結局事件を知らせる。これに対し怒りを表す高宗。馬建忠と清の宿所に向かった大院君は…。

再生時間
00:57:55
配信期間
タイトル情報
明成皇后
「シンデレラのお姉さん」のムン・グニョン、「愛に狂う」のイ・ミヨンなど、豪華実力派女優が集結!
衰弱した朝鮮王朝、侵略のツメを隠そうともしない欧米列強と日本の野心の前に、朝鮮の独立を引き出した「鉄の女=明成皇后」。彼女の偉大さは、日本の初代総理大臣=伊藤博文が漏らした、「朝鮮を侵略するためには朝鮮の国母を弑逆するほかない」という嘆息に含蓄されている。 この時代、明成皇后と比肩する人物といえば、大院君だ。外戚とそれを支持する政治家たちにより、失墜した王室を再び立て直し、強固な国家再建のため改革の先鋒にたった大院君。そして再び王室を守るために保守に回った大院君。彼の没落の過程は、朝鮮王朝の最後の姿でもある。(全124話)
更新予定
毎日 00:00