白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!
再生

ブラウザーで視聴する

白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

白井ありさ 旬【そら豆レシピ】ハニーマスタードソース!そら豆と半熟卵のサラダ♪ワインが合う!

おうち時間を楽しむ!自宅での過ごし方をご提案!お家にずっといると退屈してしまいますよね…せめてお食事だけは楽しんでほしい!という思いを込めて、春のレシピをご紹介します。春には旬を迎える美しい野菜が沢山…!今回は「そら豆」を使ったおしゃれな一品に仕上げました。そら豆は、塩茹でしてそのまま食べても美味しいですが、今回は一工夫してワンランク上のそら豆に!そら豆と半熟卵をハニーマスタードソースで和え、おしゃれなビストロで出てきそうな一品!ワインが進むこと間違えなし!たまにはお家ごはんで、日々頑張っている自分を甘やかしちゃいましょう。そら豆の茹でかたについてポイントを下記に載せているので、動画と合わせてチェックしてみてね! 【材料】2人前 そら豆 さやで400g 半熟卵 2個 ベーコン 40g (a)つぶマスタード 小さじ1 (a)はちみつ 小さじ1 (a)マヨネーズ 大さじ1 (あれば)チャービル 適量 水 400ml 塩 8g 【作り方】 ①そら豆をさやから外し、黒くなっている部分と反対側の薄皮に切り込みを入れる ②鍋にお湯を沸かし、塩を加えて①を2分半-3分程茹でる(目安は ③ザルにあけ、粗熱が取れたら殻を剥く ④ ベーコンは中火で焼き目がつくまで乾煎りする ⑤(a)を混ぜてソースを作る ⑥ボウルに半熟卵を入れてスプーンで軽く崩し、そこに茹でた空豆・ベーコン・ソースを加えて混ぜ合わせる(卵が潰れないように軽く混ぜ合わせる) 【ポイント】 ・美味しい空豆の選び方 さやが均一にふっくら膨らんでいる、生毛がある、変色していないものがベスト。さや付きの方が美味しいです。 ・空豆を茹でる時薄皮に切り込みを入れることで火が入りやすくなり、塩茹ですることで塩味も入ります。 ・塩茹での際の塩加減は水の量に対して塩が2%です。 ・茹で時間は2分半〜3分が目安(小さいものは1分半で火が入ります) ・今回使った半熟卵は、水から加熱し、沸騰したら4分半で取り出し、氷水でしっかり冷却しました。黄身のオレンジ色が食欲をそそります。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング 《1本あると便利 様々な料理に使えます!国産蜂蜜》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z43u5n3v3k?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《ガラスの器、1つ持っていると便利です!》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z3kgpd58ni?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products 《鍋が傷つかない!シリコン製のスパチュラ》 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z2s6qihv94?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products ビジュアルフードクリエイター協会 会長 白井ありさ

再生時間
00:01:07
配信期間
未定
タイトル情報
白井ありさ
フジテレビ「笑っていいとも!3Dキャラごはんコンテスト」2回優勝後、雑誌・TVにて多数出演。料理教室の講師を務めつつ企業のレシピ開発、販売促進に携わる。2014年、obentoの世界大会で準優勝する。上智大学卒業後、大手食品メーカーの開発営業を経て独立。現在はビジュアルフードクリエイター協会の会長を務めつつ、デパ地下のお弁当惣菜のプロデュース、企業のレシピ開発を中心に活動。アジア圏でもメディアの出演・現地でのワークショップを開催。見た目にインパクトのある料理をきっかけに食べることの楽しさ・作ることの大切さを伝える食育を推進している。