新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】
再生

ブラウザーで視聴する

新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

新型iPad Air、コスパ良すぎでは!?電源内蔵Touch IDもなかなか良いぞ!【ハンズオン】

iPad Air(第4世代)が発売されたので、あんまりiPadを使いこなせていない僕だけど、レビュー用として購入してみた。 使ってみてわかったが、僕のようにライトなiPadユーザーは間違いなくこれで十分。ライトと言っても、本当にライトなユーザーはiPad(第8世代)でも十分すぎるぐらいだが、ガジェット好きとしてはベゼルレスディスプレイ、Magic Keyboardあたりを使いたいじゃないですか。そういう思いを汲み取ってくれているのが、このiPad Air(第4世代)だ。 ボディはiPad Pro(2018)の11インチモデルと同じ。ディスプレイサイズは0.2インチ小さい(10.9インチ)だが、11インチを毎日使っている僕でも気付かないレベルの違いだった。並べて比較しないとわからないレベル。 内蔵されているのはA14 Bionicチップ。なんとiPhone 12シリーズと同じチップとなっており、とにかくパフォーマンスが良い。僕は試していないが、実際に購入して動画編集した知り合いによると、4Kでもサクサクらしい。さすがA14。それがiPad Proを買わずにできるのだから、最高としか言いようがない。 iPad Proとの最大の違いは、ProMotionディスプレイに非対応であること。iPad Airのディスプレイは60Hzのリフレッシュレートだが、iPad Proは120Hz。Apple Pencilを使っていると、その違いは明確にわかる。僕は絶対わからないと確認して比較してみたら、普段120Hzで使っているからなのか、60Hzのディスプレイはすごくラグがあるように感じた。本当に慣れって恐ろしいな。

再生時間
00:00:48
配信期間
未定
タイトル情報
g.O.R.i
Apple関連情報を中心にテクノロジーやガジェットに関するニュースを更新する、個人運営のテック系ブログメディア「gori.me」(読み方:ゴリミー)を運営。個人運営のテックメディアとしては日本トップクラスの規模感を誇る。少年時代をアメリカで過ごし、培った英語力を活かして海外情報を主とした最新情報を発信。特に商品レビューには力を入れており、Apple製品はもちろんのこと、各種アクセサリーや周辺機器、ヘッドホンやバックパックなどを紹介。g.O.R.iは、株式会社ドリップ(https://drip.co.jp/)の公認バリスタです。