料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu
再生

ブラウザーで視聴する

料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

料理の基本!豆腐の水切り方法 | How To Make Draining method of tofu

定番の3つの方法をご紹介!料理によって水切りが必要かは様々ですが、麻婆豆腐や炒め物、煮込み料理などはしっかりと水気を切ってから使用することでおいしさがアップします♪ ■材料 ・木綿豆腐   1丁(300g) ■手順 (1)【レンジの場合】耐熱皿に豆腐をのせて、キッチンペーパーで包む。ラップをせずに、600Wのレンジで2分加熱する。(絹豆腐の場合は同様に包み、600Wのレンジで3分を目安に様子をみながら加熱してください。) (2)【重石をのせる場合】バットに豆腐をのせて、キッチンペーパーで包む。底が平らな平皿などの重石をのせて30〜60分おく。(絹豆腐の場合も同様に行う。和え物などしっとりした食感を残したい場合は30分、炒め物などしっかりと水切りをしたい場合は60分を目安に行ってください。) (3)【ゆでる場合】鍋にたっぷりの湯をわかし、豆腐を入れて再び煮立ったら弱火で3分ゆでる。水気を切り、15分程おく。(レンジや重石よりも豆腐の風味が抜けやすいので麻婆豆腐などのしっかりとした味付けの料理に適した方法です。) ———————————————————— アプリのダウンロード方法 「App Store」または「Google Play」から【デリッシュキッチン】で検索! ————————————————————

再生時間
00:00:56
配信期間
未定
タイトル情報
DELISH KITCHEN - デリッシュキッチン
作りたい!が見つかるレシピ動画を毎日紹介しています♪
GYAO! 広告

映像一覧