文学処女 第5話 2018年10月7日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

文学処女 第5話 2018年10月7日放送分

まで

ついに加賀屋(城田優)とデートすることになった鹿子(森川葵)は、生まれて初めてのデートで加賀屋への想いが確かになっていくのを感じていた。 そんな時、望月(中尾暢樹)と編集長の娘、三島暁里(古賀哉子)にバッタリ遭遇。 暁里に背中を押され、気持ちを伝えようとする鹿子だったが、加賀屋の本音を聞いてしまい──?

キャスト
森川葵,城田優,中尾暢樹,上遠野太洸,古賀哉子,田辺桃子,綱啓永,池上紗理依,泉里香,河原雅彦
再生時間
00:24:06
配信期間
タイトル情報
文学処女
「LINEマンガ」オリジナルコミック初の実写化!恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。
出版社に勤める月白鹿子(森川葵)は恋愛経験がない26歳。 念願の文芸編集部に配属され担当に任命されたのは、超売れっ子作家、加賀屋朔(城田優)。 加賀屋は、本を通して恋を知らない自分に「初恋」を教えてくれた特別な存在。 現実の恋を知らない鹿子は、加賀屋の態度に翻弄されながらも、心惹かれていく…。
更新予定
金 01:30

映像一覧