廃止直前・札沼線の冬(北海道)
再生

ブラウザーで視聴する

廃止直前・札沼線の冬(北海道)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

廃止直前・札沼線の冬(北海道)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
廃止直前・札沼線の冬(北海道)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
廃止直前・札沼線の冬(北海道)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
廃止直前・札沼線の冬(北海道)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

廃止直前・札沼線の冬(北海道)

廃止直前・札沼線の冬(北海道)

北海道の札沼線(さっしょうせん)のうち、新十津川~北海道医療大学間47.6キロが、今年5月6日をもって廃止される。元々、札沼線は昭和10年に全通。札幌の一駅小樽寄りにある函館本線の桑園(そうえん)から留萌本線の石狩沼田を結ぶ111.4キロの路線だった。だが、昭和47年に石狩沼田~新十津川間が廃止され、その後、48年もの間、新十津川が札沼線の終着駅だった。札幌近郊が通勤通学路線として発展し、平成24年電化されたのに対して、末端の非電化区間の利用者が激減。平成28年のダイヤ改訂以降、列車本数が、北海道医療大学~石狩月形間は7.5往復(下り8本、上り7本)、石狩月形~浦臼間は6往復、浦臼~新十津川間は1日1往復にまで減ってしまった。終着駅の新十津川まで行くには、札幌発6時58分の北海道医療大学行きの電車が唯一の接続する列車である。なお、廃止される非電化区間まで行く列車は、現在、すべて、北海道医療大学の一駅手前の石狩当別が始発となっている。 (動画協力:今村義弘氏)

再生時間
00:00:50
配信期間
未定
タイトル情報
テツドラー田中
1955年神戸市生まれ。本名は田中正恭(たなかまさやす)。甲南大学卒。神奈川県在住。生来の鉄道ファンを自認し、1981年国鉄全線、2000年国内鉄道全線走破のほか、シベリア、カナダ、オーストラリアの横断鉄道など、世界27カ国を鉄道旅行。主に鉄道関連の執筆活動を続けている。著書に『消えゆく鉄道の風景』『終着駅』(自由国民社)、『夜汽車の風景』『日本縦断客車鈍行の旅』(クラッセ)、『プロ野球と鉄道』(交通新聞社)などがある。TBS『マツコの知らない世界』、フジテレビ『極タウン』、文化放送『くにまるジャパン極』等にゲスト出演。雑誌寄稿多数。その他、離島めぐり、プロ野球観戦、地酒、エスニック料理など多趣味な人生を送る。