川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!
再生

ブラウザーで視聴する

川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

川村和弘 【花粉対策メガネ】JINS花粉Cutの眼鏡で、目に花粉が入るのを対策してみたところ、だいぶ良い感じ!

花粉シーズン真っ盛り!! 花粉で目が痒くなるのに耐えきれなくなって、JINSの花粉Cutメガネ MOIST(COLOR:Navy)を購入しました。 このメガネには、透明の深いフードが付いていて、花粉の侵入を防いでくれます。何でも花粉は、上から飛散するとのことで、フレーム上部に付いたフードで花粉が目の表面に付着してくれるのを防止してくれるようです。ただ、メガネのフード部分が肌に密着しているわけでも無く、隙間が空いているので、そこから花粉が入ってきそうな気もしますが……。カット率最大98%とのことですが、どうなんでしょう? でも、実際にこのメガネを使い出してからは、花粉で目が辛くなるのは少なくなったようにも思います。 このメガネですが、テンプル(つる)エンドやノーズパッドは、顔に合わせて手で簡単に調整できるので、しっかりとフィットさせることができます。できれば個人的には、水中メガネのようにゴムバンドで締め付けられるようになっていても良いかなとも思いました。 JINSには、花粉用メガネとして、さまざまなラインナップが用意されており、私は目の周りのうるおいをキープできる「MOIST」にしました。これには、メガネのフロント内側に水を塗らした専用スポンジを収納できるウォーターポケットが内蔵されており、保湿力を20%アップしてくれるようです。しかもスポンジは水に濡れると色が変わる仕組みで、スポンジが乾いたかどうかもわかるようになってます。目の周りの乾燥が気になる人には良いかと思います。 また、実費はかかりますが、度付きレンズにもすることもできるので、普段使っているメガネと同じ度数で遠近両用を入れました。さらにブルーライトカットもつけて、合計1万8,700円[税込]でした。 ちなみにフレームだけだと、5,500円[税込]になっています。 花粉症に悩まされているなら、こんな眼鏡を導入してみるのもアリかと思います。あの、目を取りだして洗いたくなる気分が解消されるなら、安いものです。 【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします】 クリエイターのURLは、こちらです。 https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro <商品について> 商品名:JINS 花粉Cut MOIST メーカー:JINS カラー(4種類):Black、BrownDemi、LightBrown、Navy(紹介しているのは、この色です) メーカー公式ホームページ:https://www.jins.com/jp/kafun/ <撮影について> 撮影に使用したカメラや機材:Apple iPhone 11 Pro Max、DJI Osmo Mobile3、DJI Osmo Pocket <BGMと書体について> BGM:Nash Music Library 書体:フォントワークス

再生時間
00:01:02
配信期間
未定
タイトル情報
川村和弘
新商品や新サービス、流行りモノが好きなIT・ゲーム・ガジェット関連のライター&編集者。Instagramではスタバの映え写真を投稿中。昔はファミ通(ファミコン通信)編集部に在席し、ファミコン・スーパーファミコン版のドラゴンクエスト記事や、当時のゲームの裏ワザ(禁断の秘技)ページを担当。その後、フリーランスとして、iPhoneマガジン、たまごっち攻略本、ドローンの本などを手がける。近年は、モバイルプロジェクターの販売・広報なども行って大ヒットさせる。現在は、Projectorやジンバルカメラ、ガジェット関連のWebメディアを立ち上げ準備中。