川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量
再生

ブラウザーで視聴する

川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

川村和弘 【充電器&大バッテリー】USB充電器とモバイルバッテリーが合体した『Fusion』の新型は大容量

USB充電器とモバイルバッテリーが合体して一体型になった『Anker PowerCore』の新型が登場しました。 その名も『Anker PowerCore Fusion 10000』。 名前の通り、バッテリー容量が約10000(正確には9700)mAhにパワーアップしてます。 最近のスマホは、バッテリー容量が4000mAh以上のものが増えてきており、モバイルバッテリーの容量は、10000mAhのものが増えてきております。そのくらいの大容量が無いと、物足りなくなってきていますので、この容量増量は嬉しいポイント。 さらに、USB Type-Cは最大20Wに対応しています。 前のモデルも人気はありましたが、これも大人気になりそうです。 実際に手にしたところ、一体型なので、ほかのモバイルバッテリーなどに比べて、大きく感じてしまいます。 しかし、コンセントプラグが内蔵されたモバイルバッテリーなので、充電し忘れてもコンセントがあれば、どこでも充電できます。さらに充電器としても使えるのが便利なところ。 また、一体型なので、USB充電器とモバイルバッテリー、それらを接続して充電するためのケーブルなど、別々なモノをいくつも持たなくて済みます。 これひとつだけで十分ですので、荷物の個数を減らしたい人にはオススメです。 なお『Anker PowerCore Fusion 10000』本体のバッテリーをフル充電するには、約4時間の充電が必要となります。これは、ちょっとだけ長いのは、残念なところ。 【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします】 クリエイターのURLは、こちらです。 https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro ■参考情報/Yahoo!ショッピング ・Anker PowerCore Fusion 10000 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4571411194054/ <商品について> 商品名:Anker PowerCore Fusion 10000 メーカー:アンカー・ジャパン 価格:4,790円円[税別] サイズ:約82×82×35mm 重量:約278g 容量:9700mAh メーカー公式ホームページ:https://www.ankerjapan.com 商品ホームページ:https://www.ankerjapan.com/category/WALLCHARGER/A1623.html <撮影について> 撮影に使用したカメラや機材:SONY ZV-1 <BGMと書体について> BGM:Nash Music Library 書体:フォントワークス ※本製品は、アンカー・ジャパン株式会社より提供いただきました。

再生時間
00:01:01
配信期間
未定
タイトル情報
川村和弘
新商品や新サービス、流行りモノが好きなIT・ゲーム・ガジェット関連のライター&編集者。Instagramではスタバの映え写真を投稿中。昔はファミ通(ファミコン通信)編集部に在席し、ファミコン・スーパーファミコン版のドラゴンクエスト記事や、当時のゲームの裏ワザ(禁断の秘技)ページを担当。その後、フリーランスとして、iPhoneマガジン、たまごっち攻略本、ドローンの本などを手がける。近年は、モバイルプロジェクターの販売・広報なども行って大ヒットさせる。現在は、Projectorやジンバルカメラ、ガジェット関連のWebメディアを立ち上げ準備中。