川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利
再生

ブラウザーで視聴する

川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

川村和弘 【一気畳みエコバッグ】シュパッと簡単に折り畳めるエコバッグ『Shupatto』は画期的で便利

レジ袋削減のため、コンビニなどではレジ袋が有料化となりエコバッグを利用している人も多いと思います。ところがエコバッグを持ち歩くとなると、どうしてもかさばってしまい、小さく折り畳むのも上手くいかないと言う人もいるでしょう。 そんな方々にオススメなのが、マーナから発売されているバッグ『Shupatto(シュパット)』のコンパクトバッグです。 折り畳んで丸めると、手のひらサイズになり、広げて袋状にすると、かなりの量が入る手提げカバンになります。ここまでは、ほかのエコバッグでもありますが、このカバンの最大の特徴は、誰でも簡単に折り畳めることです。 動画のように、カバンの両端を引っ張ると一気に帯状となります。あとは、クルクルッと丸めるだけでコンパクトにできます。毎日、エコバッグを使っていて、折り畳むのが面倒に感じているなら、これは要チェックです。 今回紹介したのは、コンパクトバッグ(M)ですが、2リットルのペットボトルが楽々と2本も入り、その状態でカバンを持ち上げても破れることなく丈夫です。もちろんコンビニのお弁当も平らに入り、ほかにもたくさんの量が入ります。 カバンのカラーバリエーションも豊富で、レッドやネイビーなどの単色のほか、ドットや斜ストライプなどのデザインも用意されています。 『Shupatto』ですが、コンパクトバッグのほかに、保冷バッグやリュックサックなど、さまざまな商品が用意されていますので、気になった方は公式ホームページをチェックしてみましょう。ネット通販のほか、スーパーやコンビニなどでも販売されています。 【今後もオモシロいガジェットや便利なモノ、新製品発表会や試乗会の様子などを紹介していきます。ガジェット関連の情報が知りたい人や、この動画が役に立ったら、下記URLよりフォロー&「いいね」をお願いします】 クリエイターのURLは、こちらです。 https://creators.yahoo.co.jp/kawamurakazuhiro ■参考情報/Yahoo!ショッピング ・マーナ(MARNA) Shupatto (シュパット) コンパクトバッグ M ネイビー https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gqkd3a10 ・マーナ(MARNA) Shupatto (シュパット) コンパクトバッグ M レッド https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4gqkd3a0p <商品について> 商品名:Shupatto コンパクトバッグ(M) メーカー:マーナ 価格:各2178円[税込] メーカー公式ホームページ:https://www.shupatto.com/product/compactbag-m/ <撮影について> 撮影に使用したカメラや機材:SONY ZV-1、Apple iPhone 11 Pro Max <BGMと書体について> BGM:Nash Music Library 書体:フォントワークス

再生時間
00:01:25
配信期間
未定
タイトル情報
川村和弘
新商品や新サービス、流行りモノが好きなIT・ゲーム・ガジェット関連のライター&編集者。Instagramではスタバの映え写真を投稿中。昔はファミ通(ファミコン通信)編集部に在席し、ファミコン・スーパーファミコン版のドラゴンクエスト記事や、当時のゲームの裏ワザ(禁断の秘技)ページを担当。その後、フリーランスとして、iPhoneマガジン、たまごっち攻略本、ドローンの本などを手がける。近年は、モバイルプロジェクターの販売・広報なども行って大ヒットさせる。現在は、Projectorやジンバルカメラ、ガジェット関連のWebメディアを立ち上げ準備中。