家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー
再生

ブラウザーで視聴する

家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

家族で食べられる 砂糖不使用のレーズンバナナクッキー

レーズンには離乳食期に不足しがちな鉄分が含まれています! そのままでは食べにくいので小さく刻んでクッキーに混ぜてみました。 しっとりしたクッキーなので、手づかみ食べの練習にもぴったりです! ■材料(作りやすい分量) ・レーズン 30g ・バナナ 1本(約80g) ・薄力粉 100g ・サラダ油 大さじ1 ■作り方 1.レーズンにぬるま湯を注いで約5分置いて柔らかくなるまで戻す。水気を切って細かく刻む。 2.袋にバナナを入れ、潰す。レーズン・薄力粉・サラダ油を加えてこねてひとまとめにする。(まとまりにくい場合は薄力粉を足してください。固い場合は牛乳やサラダ油を加えてください。) 3.袋の中で約5mmの厚さに伸ばし、クッキングシートを敷いた天板の上に出す。包丁で食べやすい大きさに切り込みを入れる。 4.170℃に予熱したオーブンで約15~20分焼いて完成。 ■対象 パクパク期(1才〜1才6か月頃)〜召し上がっていただけます。 子どもの月齢に合わせて大きさは調節してください。 ※レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。 また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。  [特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生(ピーナッツ)  [特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ 監修者:管理栄養士(MAMADAYS編集部)

再生時間
00:01:18
配信期間
未定
タイトル情報
MAMADAYS - ママデイズ -
離乳食作りから、育児のヒント、家事の知恵、DIY、ヘルスケア、ファッションまで、ママのためのお役立ち情報を動画で毎日配信しています。
GYAO! 広告

映像一覧