子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲
再生

ブラウザーで視聴する

子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

子宮移植したサルが出産 世界初、ヒトへの実施にも意欲

まで

慶応大や滋賀医科大などのチームは、子宮を移植したサルに子どもを生ませることに世界で初めて成功したと発表した。サルは5月に生まれ、健康だという。18日に国際医学誌に掲載された。チームによると、海外ではヒトの子宮移植による出産例が約40例あるが、国内では実施例はない。チームはサルでの成功で、ヒトへの実施にも意欲を見せている。  チームは、あらかじめ子宮を摘出したカニクイザルのメスに、ほかのメスの子宮を移植。免疫抑制剤を使いながら、体外受精させた受精卵を子宮に戻し、妊娠させた。  子宮移植のために子宮を摘出する手術は、移植後に再び子宮を使えるように、子宮周辺の太い血管を残すなど高度な技術が必要になる。チームはヒトでの実施をめざし、これまでサルで研究を続けてきた。17年に今回出産に成功したサルに子宮移植手術を実施し、18年には妊娠に成功したが、2度流産。19年12月に3度目の妊娠で発育が良好になり、出産に至った。

再生時間
00:00:33
配信期間
タイトル情報
朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタルで配信された動画の中から選りすぐりをお届けします。
GYAO! 広告

映像一覧