妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」
再生

ブラウザーで視聴する

妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

妻夫木聡、自身の“不倫防止策”を明かす「不満や我慢をためないように」

映画『Red』公開記念舞台あいさつに主演の夏帆が登壇した。共演の妻夫木聡と柄本佑には不倫を扱った本作にちなんだ質問が飛び、女優のマイコを妻に持つ妻夫木、同じく女優の安藤サクラと結婚している柄本は絶妙なコメントで会場を沸かせた。この日は間宮祥太朗、三島有紀子監督も来場した。 現代女性の恋愛心理描写をセンセーショナルに表現した直木賞作家・島本理生の長編小説を実写映画化。誰もがうらやむ生活を送っていた人妻・村主塔子(夏帆)の運命が、かつて愛した男・鞍田秋彦(妻夫木)と10年ぶりに再会することで思いも寄らない方向に動き出す。 主演を務めた夏帆は、「三島さんから今までに見たことがない顔を見たいとおっしゃっていただいて、そこを出すにはどうしたらいいんだろうとずっと悩みました」と吐露。「この作品のために自分ができることは何だってやってやろうという気持ち」で撮影現場にいたそうで、「すごく悩んで、妻夫木さんにもご迷惑をおかけしましたが、それだけ役に没頭できる時間を与えていただけたのは、大変だったけどとても幸せな時間でした」と喜びをかみしめていた。 不倫関係に落ちる塔子と秋彦の愛をどう感じるか? と問われた妻夫木は、「二人の関係性は何だろうと話をしている時、監督から『宿命』と言われて腑に落ちた。好きとか嫌いとか言葉やルールに縛られるのではなく、今自分が何を求めているかといったらこの人の存在だったという関係性で、やっている時は心地よかった」と俳優としてコメント。一方で、「僕自身はできれば行きたくない世界。お互いのちっちゃい不満や我慢の積み重ねがこういう状況を生んでしまうこともありうるので、そうならないように努力したい」と誓いを立てた。 柄本は「難しいですね……」とうなると、「日常生活の中でやっちゃいけないことがいろいろある」と不倫に否定的な見解を示しながらも、不倫を題材にした小説や映画がたくさんあることにも触れ、「『Red』を観ることで、塔子と一緒に本当だったらやっちゃいけないことを疑似体験してスッキリして、今日も一日頑張ろうと思える」と今作の効能を謳った。さらに「大人のキラキラしたデトックス映画です」とアピールし、会場の笑いをさらった。 〜見どころ〜 直木賞作家・島本理生の長編小説を実写映画化。誰もがうらやむ生活を送っていた人妻の運命が、思いも寄らない方向に動き出す。禁断の恋を再燃させる二人に夏帆と妻夫木聡がふんし、『火口のふたり』などの柄本佑、『お前はまだグンマを知らない』シリーズなどの間宮祥太朗らが共演。『幼な子われらに生まれ』などの三島有紀子監督がメガホンを取る。 〜あらすじ〜 夫の村主真(間宮祥太朗)は一流商社勤務で、かわいい娘にも恵まれ何不自由ない生活を送る塔子(夏帆)は、かつて恋人だった建築家・鞍田秋彦(妻夫木聡)と10年ぶりに再会する。鞍田は、行き場のない思いを抱えていた塔子の心を徐々に解きほぐしていく。しかし鞍田にはある秘密があった。 劇場公開日:2020年2月22日 映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024484 公式サイト:https://redmovie.jp/ (C) 2020『Red』製作委員会

再生時間
00:04:27
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ