大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了
再生

ブラウザーで視聴する

大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

大原櫻子、東京ドームで堂々の国歌独唱「人生で1番というぐらい緊張しました」 力強い歌声で会場を魅了

 歌手で女優の大原櫻子が8日、東京ドームで行われた『鷹の祭典2019』福岡ソフトバンクホークス対西武ライオンズ戦で国歌独唱を行った。  のびやかなすっきりとした歌声で「君が代」を歌い上げた。その後、取材に応じた大原は「率直に人生で1番というぐらい緊張しました」とぽつり。「あんなにたくさんの方に見守られながら歌うのは、なかなかできることではない。緊張しました」と感想を口にした。自己採点は「無事に終わったということで、自分としては100点でいいかな」と照れながら話した。  『鷹の祭典』とは、今年で開催14年目を迎え、毎年デザインされる限定ユニホームをホークス選手が着用して試合に臨み、さらに入場者全員へ同じデザインのレプリカユニフォームを配布するホークスの一大イベント。  今年のユニホームのベースカラーである「チャンピオンブルー」は、ソフトバンクとして初めて日本シリーズを制した2011年の鷹の祭典専用ユニフホームカラーだった「チャンピオンブルー」をさらに鮮やかに進化させた色。「伝統の継承と未来への挑戦」を意味するストライプを配することで、今一度原点に立ち返り、一致団結して戦うホークスの意気込みを表現した。  東京での開催は8回目となり、きょう8日の東京ドームで今年の同イベントの幕開けとなる。

再生時間
00:04:05
配信期間
未定
タイトル情報
オリコン
芸能情報を毎日更新!
GYAO! 広告

映像一覧