夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)
再生

ブラウザーで視聴する

夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)

皮膚の弱い子どもの紫外線対策。どんな風にするのが良いのでしょう。 今回はてしまクリニック形成外科・皮膚科院長で形成外科専門医である手島玲子先生に 正しい子どもの紫外線対策についてお聞きしました。 【夏のスキンケア 子どもに必要な紫外線対ケア(形成外科医監修)】 ■紫外線対策の方法 ・低月齢の子は紫外線が強い時期、長時間野外にださない方が良い。 ・日焼け止めを使う場合は紫外線吸収剤不使用で無香料・無着色のものを使用する。(使用できる月齢も確認) ・日焼け止めを塗るのは少なからず肌の負担にはなるので、あまり肌を露出しないよう長袖のものを着せたり、ベビーカーでサンシェードをするなど遮光するのも良い。 ■日焼け止めの塗り方 ・塗る量の目安は大人の顔の面積。  クリームタイプの場合:パール粒 2 つ分  液状(乳液・ミルク)タイプの場合: 500 円硬貨1つ分 ※子どもに塗る量はこれを目安に調整する。 ・2〜3時間おきに塗り直す。 ・汗をかいている場合は、汗をタオルなどで拭き取り塗る。 ■日焼け止めの落とし方 ・石鹸で落ちるタイプの物を使用し、石鹸でおとす。 監修: てしまクリニック形成外科・皮膚科院長/形成外科専門医 手島 玲子先生

再生時間
00:01:13
配信期間
未定
タイトル情報
MAMADAYS - ママデイズ -
離乳食作りから、育児のヒント、家事の知恵、DIY、ヘルスケア、ファッションまで、ママのためのお役立ち情報を動画で毎日配信しています。
GYAO! 広告

映像一覧