在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した
再生

ブラウザーで視聴する

在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

在宅勤務の強い味方! 自宅に「書斎」ができる「ぼっちてんと」を試した

新型コロナウイルスの拡大で、一気に広まった在宅勤務。緊急事態宣言が解除された今でも、続けて自宅で仕事をしている人も多い。通勤時間や無駄話がなくなり生産性が上がったとする一方、仕事に集中できる場所がなくて困っているとの声も聞こえる。 そんな人たちの強い味方になるのが、広げるだけで「書斎」を作れるテント「ぼっちてんと」だ。 持ち運びは楽 アウトドア商品や家具などを扱う「ビーズ」(大阪府東大阪市)に連絡し、商品を取り寄せて試してみた。 袋に収納されている時は、直径60センチほどの平たい円形になっている。部屋の一角にあっても、邪魔になりにくい。重さも、力の弱い女性や子どもでも楽に持ち運べる程度だ。 広げていくと、簡単にテントになった。幅と奥行きは130cmずつ、高さは150cm。120cm幅の机だと、かなり相性が良さそうだ。 秘密基地感覚も 内部への出入りには、前面のファスナーを開閉する。パソコンを持ち込んで、ちょっと作業をしてみた。外界と遮断されるため、やはり集中しやすい。天井にもファスナーがついていて開け閉めできるほか、左右には目隠し付きのメッシュ窓がある。 季節によってはテント内にエアコンや扇風機の風を入れたいが、これらを使えば簡単だ。また、部屋の照明を取り込むこともできる。 スミがあいていて、パソコンなどの電源を取れるのも便利だ。内部にいると、自分だけの空間が「秘密基地」のような感じで楽しくなってきた。 テントを広げるのは簡単だったが、しまうのはちょっとコツが必要。ネット上にある動画を見ながら、何度かやってみたら、うまくできた。焦らずに一つ一つ作業をしていくほうがいい。 売れ行き好調 「ぼっちてんと」はビーズ社の家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」の商品として展開されている。2013年10月に発売され、改良を重ねてきた。昨今の在宅勤務の拡大が追い風となり、今年4月の売上は昨年同月比で3倍になったという。 テントは家電量販店やネット販売で扱っている。実売価格は1万円程度で、種類は黒色のみだ。 ・ ・ ・ 「ぼっちてんと」は、確かに「巣ごもり需要」を捉えられる商品だと感じた。売れている理由を体感できた。在宅勤務だと自分だけの空間が確保できないし、配偶者や子どもの目があって、うまく集中できない……。そんな時に、あなただけの「書斎」を活用してはどうだろうか。 ぼっちてんと ビーズ

再生時間
00:01:26
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧