動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編
再生

ブラウザーで視聴する

動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

動物に学ぶ社会人サバイバル術・上司編

ソリの合わない上司、うまくいかないコミュニケーション……さまざまな悩みがつきものの会社生活。厳しい自然界を生き抜く動物たちの生態から、社会人のサバイバル術を学んでみませんか。 【case1.】上司の怒りを回避、犬の困り顔&ネコのスリスリ 犬は表情でさまざまな気持ちを表現する動物。耳が寝ている状態は、「弱気」の姿勢を表しています。上目づかいに八の字まゆげの犬の「困り顔」をマスターすれば、上司の怒りも静まるかも!? 人間の足元にすり寄ってくるネコの行動。ネコ好きにはたまらない「ごほうび」ですが、このスリスリはマーキングやおねだりのほか、ネコ同士のコミュニケーションにも使われているとか。ネコの愛嬌(あいきょう)を見習って上司にコビを売れば、怒られにくい関係を築けるかも!? 【case2.】上司の干渉を回避、サルのごまかしグルーミング サルの集団を観察していると、ボスザルが近づいてきたときに、そそくさと自分や仲間のグルーミング(毛づくろい)を始めるフェイク行動が見られます。その姿は、まるで何かと干渉してくるウザい上司を「今忙しいんで…」という態度で回避する会社員の姿にソックリ。サルは「集団生活」の先輩だけに、人間が学べることがたくさんあるかも? ■監修:新宅広二 1968年生まれ。生態科学研究機構理事長。動物行動学と教育工学を専門にし、大学院修了後に上野動物園、多摩動物公園に勤務。国内外のネイチャー・ドキュメンタリー、動物バラエティー番組の監修を手がけるほか、動物園・水族館などの展示企画・監修を手がける。著書に「しくじり動物大集合」「もっとしくじり動物大集合」(永岡書店)、「いきもの寿命ずかん」(東京書籍)、「すごいぜ!! 動物スポーツ選手権」(辰巳出版)など。近作、映画「アース:アメイジング・デイ」、テレビドラマ「僕らは奇跡でできている」(主演・高橋一生)監修。

再生時間
00:00:49
配信期間
未定
タイトル情報
どうぶつトリビア by Yahoo!映像トピックス
「どうしてそうなった?」ついついツッコんでしまいたくなるフシギな動物たちの生態や、あっと驚くエピソードが満載。 ハムスターに隠された衝撃の事実とは? ネコがトイレの水を飲もうとする理由は? 動物たちのフシギな生態や、あっと驚くエピソードの数々。知れば思わず誰かに教えたくなるトリビアを、動画でご紹介します。