初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました
再生

ブラウザーで視聴する

初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

初めてみた!世界のクリスマスケーキまとめました

今日はクリスマスイブ。クリスマスと言えばやっぱりケーキは欠かせませんよね。日本でクリスマスケーキというと、真っ白な生クリームに赤いイチゴが飾られたショートケーキのイメージが強いですが、クリスマスケーキ、実は他にもいろんな種類があるんです! まだクリスマスケーキを買っていない、もしくは作っていない、という方のために、今年は一味違うクリスマスを味わえるよう、いろんな国のクリスマスケーキを紹介します。 まずはじめに紹介したいのが、フランスの「ブッシュ・ド・ノエル」。フランス語で「ブッシュ(ビュッシュ)」が「薪」、「ノエル」が「クリスマス」という意味を持つように、このケーキは「クリスマスの木」をイメージして作られたケーキです。そのため、見た目は「薪」にそっくり!でも中身はチョコレートクリームを塗ったロールケーキでとっても美味しいんです。中も外もチョレートで覆われているので、チョコレート好きにはぜひ試してもらいたいケーキの一つです。 続いて紹介するのはドイツの「シュトレン」。「シュトレン」とは、ナッツやドライフルーツ がたくさん入った甘いパンのことで、ドイツではクリスマスを迎えるまでの4週間の間(通称:アドヴェント)、少しずつスライスして食べる習慣があるそうです。毎日少しずつ食べていたら、どんどんクリスマスが待ち遠しくなって、クリスマス当日が本当に楽しみになりますね。 上記2つは日本でも食べたことや聞いたことのある人も結構いると思うのですが、3つ目に紹介するのは、日本ではまだあまり馴染みのない、イギリスのクリスマスケーキ「クリスマスプディング」です。英語で「プディング」とは日本語で「プリン」を意味しますが、このケーキはプリンではなく、「シュトレン」と同じように甘いパンです。こちらもドライフルーツやナッツが入っていて、「シュトレン」よりもしっとりとした食感のケーキになっています。こちらは家庭ごとに味やレシピも違うみたいなので、いろんな家庭の「クリスマスプディング」を食べ比べしたら楽しそうですね。 続いて紹介するのはイタリアの「パネットーネ」。こちらもイタリアの伝統的な発酵菓子パンのひとつで、ブリオッシュ生地にプラムやオレンジピール、それにレーズンなどのドライフルーツを入れ込んで作るそうです。こちらはふわふわとした食感で甘くて美味しい! 最後に紹介するのが、スペインの「ロスコン・デ・レジェス」。「王様のケーキ」と呼ばれるこのケーキは、リング型を特徴としていて、その見た目はまるで王冠みたい。ケーキには砂糖漬けされた果物が散りばめられていて、キラキラした宝石みたいでキレイ!これを食べればなんだか自分も高貴な気分になれるかも…? 世界のいろんなクリスマスケーキ、ぜひ今年のクリスマスに参考にしてみてね!

再生時間
00:00:47
配信期間
未定
タイトル情報
BuzzFeed Japan
日々のニュースからエンターテイメント、お役立ち情報まで、幅広い情報を発信。
GYAO! 広告

映像一覧