刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」
再生

ブラウザーで視聴する

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第5話 「緑の妖精」

まで

高級娼館に火炎瓶が投げ込まれた。ボヤですんだが、人気娼婦のコーラ・デブローが自室で殺されていた。首にはワイヤーが巻かれており、過去にも同様の攻撃を受けた傷痕が見られた。胃の内容物からは幻覚作用があるといわれるアブサンが検出される。コーラの客で唯一トラブルのあった画家のアーサー・ウェブスターが疑われるが彼は容疑を否認し、コーラの心は判事のミッチェル・ウィルソンにあったと語る。一方判事はコーラとの関係を否認するが、その息子ポールが警察にクローゼットで見つけた血染めのシャツを持ち込んでくる。判事はコーラとの関係を認め、しかも二人は深く愛し合い、結婚の約束をしていたという。事件当夜は二人でアブサンを飲んで眠ってしまい、目が覚めると隣でコーラが死んでいたと話す。当初、娼館の女主人エティは判事の立場を尊重して二人の関係を隠していたが、判事が犯人であるはずがないと証言する。しかしブラッケンリードは、コーラが金目当てだと気付いた判事による激情的殺人だと考える。かねてよりトロント市警は市内の売春宿の取締りの甘さについて糾弾を受けており、地位のある者が容疑者となるのは望ましくない事態でもあった。

キャスト
ウィリアム・マードック:ヤニック・ビッソン ジュリア・オグデン:ヘレン・ジョイ ジョージ・クラブツリー:ジョニー・ハリス トーマス・ブラッケンリード:トーマス・クレイグ
スタッフ
製作総指揮:スコット・ガーヴィー、クリスティーナ・ジェニングス 製作:ローラ・バービン、ピーター・ネイブーン、キャル・クーンズ 監督:ショーン・アレックス・トンプソン、ドン・マクブレアティ、ジョン・レクイエ、ファーハド・マン
再生時間
00:47:26
配信期間
タイトル情報
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】
1890年代のカナダを舞台にした、「シャーロック・ホームズとCSIが融合した」と言われるミステリー。(全13話)
19世紀末のカナダ・トロント。頭脳明晰で心優しきウィリアム・マードック刑事が検視官ジュリアや仲間たちとともに、当時はまだ珍しかった指紋や解剖学など最先端の技術を駆使し難事件に挑む大人気ミステリードラマシリーズ。ファン待望のシーズン2が登場!
更新予定
日 00:00