刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」
再生

ブラウザーで視聴する

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第12話 「オオカミ男」

まで

満月の夜、犬の散歩をしていた銀行の副頭取メリル・ハーディが廃屋になった工場で殺害される。遺体は手に銃を握っており、喉には獣に食いちぎられたような傷があった。ハーディの部屋には彼を工場へ呼び出す「ジェイク・S」からの電報が残っていた。しかし差出人と思われたジェイコブ・サマーズにはアリバイがあり、電報は出していないと主張する。ブラッケンリードはインディアン青年のトラッカー、ジミー・マクロードに協力を求め、クラブツリーとともに追跡に当たらせる。二人が工場付近で見つけたホームレスの老人デイブは獣の唸り声を聞き、人が襲われるのを目撃しており、あたかも狼男を目撃したかのような証言をする。マードックは狼憑きの症状を示す精神病があることを知っていたが、精神病者が事前に特定の人物を電報でおびき寄せるだけの理性を持ち合わせているということは不可解だとした。

キャスト
ウィリアム・マードック:ヤニック・ビッソン ジュリア・オグデン:ヘレン・ジョイ ジョージ・クラブツリー:ジョニー・ハリス トーマス・ブラッケンリード:トーマス・クレイグ
スタッフ
製作総指揮:スコット・ガーヴィー、クリスティーナ・ジェニングス 製作:ローラ・バービン、ピーター・ネイブーン、キャル・クーンズ 監督:ショーン・アレックス・トンプソン、ドン・マクブレアティ、ジョン・レクイエ、ファーハド・マン
再生時間
00:47:26
配信期間
タイトル情報
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】
1890年代のカナダを舞台にした、「シャーロック・ホームズとCSIが融合した」と言われるミステリー。(全13話)
19世紀末のカナダ・トロント。頭脳明晰で心優しきウィリアム・マードック刑事が検視官ジュリアや仲間たちとともに、当時はまだ珍しかった指紋や解剖学など最先端の技術を駆使し難事件に挑む大人気ミステリードラマシリーズ。ファン待望のシーズン2が登場!
更新予定
土 00:00
GYAO! 広告

映像一覧