刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」
再生

ブラウザーで視聴する

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】 第10話 「電信恋愛」

まで

グレート・ノース・ウェスタン電信会社のオペレーター、ベロニカ・ウィリアムズが他殺された。同僚のベス・ティプトンによればベロニカは電信を使って男と交際していたが、最近破局したらしい。通信文からベロニカの相手、AKは四週間前にGNWを解雇されたキングズレー・アダムズだと思われたが、彼の電信恋愛の相手はベロニカ以外にも大勢いた。その中にはベスも含まれており、女性たちの多くはAKがキングズレーだとは知らず、貸した金を踏み倒されていた。マードックはベロニカがペテンを見抜いたために殺害されたと推理する。マードックたちは電信上に架空の女性「モリー」を作り上げ、イニッドの力を借りてAKと通信を始める。そんな中、死後三週間以上たったキングズレー・アダムズの腐乱死体が発見される。ベロニカ殺害も、モリーと通信しているのもキングズレーではなかったのだ。マードックは真犯人がキングズレーを殺し、電信上で彼になりすまし女性たちから金を巻き上げたと考える。ベロニカが上司のライダーとも通信恋愛をしていたというベスの証言により、ライダーが第一容疑者として浮上するが、ライダーには確実なアリバイがあった。そんな中、AKからモリーの正体はイニッドだと知っているという内容のメッセージが届く。AKはイニッドの嘘をなじり、嘘をついたと怒りをあらわにする。マードックは急いでアルウィンとベスの保護に巡査を向かわせる。

キャスト
ウィリアム・マードック:ヤニック・ビッソン ジュリア・オグデン:ヘレン・ジョイ ジョージ・クラブツリー:ジョニー・ハリス トーマス・ブラッケンリード:トーマス・クレイグ
スタッフ
製作総指揮:スコット・ガーヴィー、クリスティーナ・ジェニングス 製作:ローラ・バービン、ピーター・ネイブーン、キャル・クーンズ 監督:ショーン・アレックス・トンプソン、ドン・マクブレアティ、ジョン・レクイエ、ファーハド・マン
再生時間
00:47:26
配信期間
タイトル情報
刑事マードックの捜査ファイル シーズン2【吹替版】
1890年代のカナダを舞台にした、「シャーロック・ホームズとCSIが融合した」と言われるミステリー。(全13話)
19世紀末のカナダ・トロント。頭脳明晰で心優しきウィリアム・マードック刑事が検視官ジュリアや仲間たちとともに、当時はまだ珍しかった指紋や解剖学など最先端の技術を駆使し難事件に挑む大人気ミステリードラマシリーズ。ファン待望のシーズン2が登場!
更新予定
土 00:00