刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」
再生

ブラウザーで視聴する

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】 第7話 「隠された動機」

まで

マクベス上演中に天井から白骨化した死体が落ちてきた。死体は舞台天井にある部屋の床下に隠されており、刺殺された痕跡があった。劇場のオーナー兼主演女優のステラ・スマートをはじめ、四人の主要な役者全員が死体の主に心当たりはない。しかし検死で死体の主は劇場の元オーナーでステラの前夫、バージル・スマートであることが判明する。それを告げられたステラは、バージルは心臓発作で死亡したのであり、葬儀をあげて墓地に埋葬したという。バージルの墓地に埋められた死体を掘り返すと、体型の特徴や年齢がバージルとよく似た男性の死体であったが、身許を特定できるような遺留品はなかった。第二の死体の身許が事件のカギになると踏んだマードックは、役者たちにバージルが死んだ当日について事情聴取する。すると四人の証言は台本があるかのように詳細にわたり完全に一致しており、マードックはかえって不自然に感じる。

キャスト
ウィリアム・マードック:ヤニック・ビッソン ジュリア・オグデン:ヘレン・ジョイ ジョージ・クラブツリー:ジョニー・ハリス トーマス・ブラッケンリード:トーマス・クレイグ
スタッフ
製作総指揮:スコット・ガーヴィー、クリスティーナ・ジェニングス 製作:ローラ・バービン、ピーター・ネイブーン、キャル・クーンズ 監督:ショーン・アレックス・トンプソン、ドン・マクブレアティ、ジョン・レクイエ、ファーハド・マン
再生時間
00:47:36
配信期間
タイトル情報
刑事マードックの捜査ファイル シーズン1【吹替版】
1890年代のロンドンを舞台にした、「シャーロック・ホームズとCSIが融合した」と言われるミステリー。
19世紀末のカナダ・トロント。頭脳明晰で心優しきウィリアム・マードック刑事が検視官ジュリアや仲間たちとともに、当時はまだ珍しかった指紋や解剖学など最先端の技術を駆使し難事件に挑む。2008年にはカナダのエミー賞と呼ばれるジェミニ賞で計14部門にノミネートされた大人気ミステリーシリーズ。(全13話)
更新予定
日 00:00