冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪
再生

ブラウザーで視聴する

冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

冷凍で豆腐が劇的変化!お肉を使わない冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼♪

豆腐は冷凍できないと思われがちですが、実は冷凍がオススメなんです! 豆腐は冷凍するとスポンジ状になります。解凍しても元のなめらかな食感には戻らないので、冷凍できないと言われています。 しかし!そのスポンジ状に変化することを生かせば、新たな豆腐料理が生まれますよ。 スポンジ状になることで、水分を絞れば弾力が生まれるので、お肉の代わりに使えます。 これが【豆腐ミート】ですね。 からあげや炒め物にも良いですが、おすすめは 【豆腐そぼろ丼】です。 冷凍豆腐を解凍して、細かくして、味噌と合わせれば鶏そぼろ風になります。豆腐と味噌も大豆製品なので、相性もバッチリ! ぜひお試しください! 【冷凍豆腐のうまうま味噌そぼろ丼】 (材料:2人分) ・冷凍豆腐 1丁(約350g) ・しょうが 15g A味噌(赤系) 大さじ1 Aしょうゆ 小さじ2 Aみりん 小さじ2 A料理酒 小さじ2 A砂糖 大さじ1 ・いり卵 お好みで ・絹さや、スナップエンドウなど お好みで (作り方) ①豆腐を8等分にカットし、保存袋に入れて、冷凍する。 ※豆腐は凍るのに時間がかかるので、丸1日以上、できれば2日以上冷凍する。しっかり凍ってないと食感の変化が起きない。 ②ボウルに水をはり、冷凍豆腐を流水解凍する。30分くらいかけて解凍する。 ③解凍した豆腐を、手のひらに置いて、ぎゅっと握って、しっかり水分を絞る。これをボウルに入れて、手で細かくバラバラにほぐす。 ④しょうがはみじん切りにしておく。Aの調味料は混ぜ合わせておく。 ⑤フライパンに油をひき、水気をしぼった豆腐を入れて炒める。ここでしっかり水分が飛ぶまで炒める。 ⑥水分が飛んだら、みじん切りにしておいた生姜を入れ、さらに混ぜ合わせておいたAの調味料を入れる。 ⑦調味液を全体にからませて、味噌の香りが立ってくるまで炒める。 ⑧ご飯の上に盛り付ければ完成。お好みでいり卵や絹さや、スナップエンドウなどを添えて。常備菜として保存もおすすめです。 【詳しいレシピはこちら】 https://oceans-nadia.com/user/43558/recipe/146850 ご覧頂きありがとうございます。 気に入って頂けましたら「フォロー」をお願いいたします。 ■参考情報/Yahoo!ショッピング 【大容量】ジップロック フリーザーバッグ M 90枚入 https://shopping.yahoo.co.jp/products/z4el14si7l

再生時間
00:01:57
配信期間
未定
タイトル情報
西川剛史
大学在学中から冷凍食品に興味を持ち、冷凍食品会社に就職。冷凍食品の商品開発などの経験を生かし、現在は独立して、冷凍生活アドバイザーとして活動中。冷凍王子としてテレビ番組「マツコの知らない世界」「王様のブランチ」「ヒルナンデス!」「めざましテレビ」など、その他テレビ、雑誌などに多数出演。近著は「ぐぐっと時短&もっと絶品! 決定版 感動の冷凍術」(宝島社)。2016年8月には家庭での冷凍テクニックを理論的に体系的に学べる資格講座として「冷凍生活アドバイザー養成講座」を開講。さらに、冷凍食品開発コンサルタントとして、地方の優れた食材を使った冷凍食品の商品開発にも精力的に取り組んでいる。