僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!
再生

ブラウザーで視聴する

僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

僕らも昔はのび太くんだった。雑誌の付録で「アンキパン」を作ろう!

あ〜。テストなんて面倒くさいなぁ〜。教科書をぜーんぶ覚えられたら良いのになぁ。なんて、誰もが一度は願ったことがありますよね。 こうした僕らのび太くんの願いを叶えるひみつ道具が、ドラえもんの「アンキパン」。ノートや本に押しつけると、内容がパンに転写されて、それを食べることで内容を全て暗記できるという、すごい道具。 そのアンキパンが自分で作れる?んです! 11月号の「小学一年生」には、自分の好きな言葉や問題をパンに書き込める「アンキパンメーカー」が付録。本物のアンキパンと違って、パンを押し付けるだけで転写はできませんけど、ブロック状の押し型を枠型にはめることで、さまざまな問題をパンに書き込むことができます。 もちろん、作れるのは「アンキパン風なパン」なので、食べても暗記できるわけではありません。でも、あのアンキパンが…!リアルに…!と思うと、子供はもちろん、大人だってノスタル嬉しくなっちゃいますよ。 ちびっ子のいるご家庭は、ぜひアンキパンのお話を紹介しながら、家族でSF(すこしふしぎ)なアンキパン作りを楽しんでみましょう! =================================== 便利な「ガジェット」「お掃除」グッズを定期更新 Yahoo!アカウントで「フォロー」してもらえると、 Yahoo!アプリで最新動画をチェックできますよ! ■参考情報/Yahoo!ショッピング 小学一年生 2020年 11 月号 https://shopping.yahoo.co.jp/product/j/4910010011100/compare.html ■メーカーWEBサイト(外部サイト) https://sho.jp/sho1/56388 ■素材利用「いらすとや」「Footfolio」「魔王魂」 ■音源提供「Nash Music Library」

再生時間
00:01:01
配信期間
未定
タイトル情報
小暮ひさのり
1980年01月21日生まれ、群馬県在住のフリーライター。2001年に編集プロダクションに入社し主に雑誌の編集・執筆・デザインを学ぶ。2003年に独立しPC誌やWEB媒体などでデジタルアイテムのトレンドを追いつつ趣味の農業を楽しんでいるが、毎年稲刈りとスマホ関連の発表・発売時期がかぶるのに頭を悩ませている。特技はお掃除でハウスクリーニングアドバイザーの資格を習得。特に水回り系のお掃除が得意