余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ
再生

ブラウザーで視聴する

余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

余ったお餅で簡単いちご大福の作り方 季節の和菓子レシピ

今回は、ご家庭で余った切り餅や丸餅を使って、簡単にいちご大福を作るレシピをご紹介しています。 最近は、様々な品種のいちごが作られていますが、自分好みのいちごを使ってつくる、出来立てのいちご大福はとっても美味しいですよ。 動画では切れ目の入った丸餅を使っていますが、切り餅や切れ目の入っていない丸餅を使う場合は、包丁で適当な大きさにカットしておいてくださいね。 それでは、材料と作り方です 材料(4個) いちご(10グラム前後のもの)4個 つぶあん 80グラム  切り餅または丸餅 100グラム 水 50ミリリットル グラニュー糖 大さじ1 片栗粉 適量 お餅のレンジ加熱時間 600ワットで80秒を3回 いちごを洗い、へたを取ってキッチンペーパーで水気を取っておきます。 はかりで、いちごと粒あんを一緒に測り、それぞれ合計で30グラムになるようにしておきます。 粒あんを手のひらで伸ばし、いちごを包んでゆきます。ヘタを取った平たい部分を粒あん側に付けて包みますが、いちごの先端は包まず残しておきます。 耐熱ボウルにカットしたお餅を入れ、グラニュー糖、水を入れたら軽くラップをしてレンジにかけます(一回目600ワット80秒) レンジから取り出し、濡らした木べらまたはゴムベラでお餅と水分を馴染ませます。再びラップをしレンジにかけます(2回目600ワット80秒) レンジから取り出し、濡らしたヘラでよくこねたら、もう一度、軽くラップをしてレンジにかけます(3回目600ワット80秒) レンジから取り出したら、濡らしたヘラでよくこね、お餅にだまがなく、よく伸びる様なら生地の出来上がり。 まな板など、作業台の上に片栗粉をふり、お餅を熱いうちに落とします。手に片栗粉を付け、火傷に気を付けながら生地を軽くまとめます。 生地を四つに切り分け、お餅を少し丸く成型しながら伸ばしたら、いちご入りあんこをお餅で包みます。 いちごの先端側をお餅につけて、優しく包み込んでゆきます。 焦らず、お餅が切れないよう丁寧に包みます。最後は指先でキュッとしぼるようにして閉じますが、片栗粉をつけ過ぎているとうまくお餅同士がくっつかないので、その場合は少量の水で指先を濡らしてから、くっつけてみて下さいね。 最後に余分な粉を払ったら出来上がり。 みずみずしい季節のいちごと、柔らかいお餅を作りたてで頂けるのは手作りならでは。 もちろん、いちご以外のフルーツや、粒あんを他のあんこに変えてもできますので、自分なりのフルーツ大福を作ってみて下さいね。 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:55
配信期間
未定
タイトル情報
decocookie
YouTubeにて日本のお菓子と菓子作りを海外に紹介する菓子専門チャンネル「decocookie channel」を運営。伝統的な日本の菓子づくりだけでなく、今現在、海外で人気のある日本の菓子や知育菓子まで、幅広い日本の菓子を紹介しています。Yahooでは、奥深い和菓子を様々な角度からご紹介できればと思っています。