人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】
再生

ブラウザーで視聴する

人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

人気の「スライム」に蛍光色素や鉄粉を加えてみたら…【美しすぎる化学】

■ダントツの人気を誇る実験 数ある工作実験の中でも、小さな子どもたちの間でダントツの人気を誇る「スライム」作り。ベトベトしていてぬれているようでそれほどはぬれていない、ドロドロしていて形ができるようでできない、なんとも不思議な触感の物体です。洗濯ノリなどの材料を、ただ混ぜ合わせてこねるだけですが、どことなく料理に通じるものがあります。また、実験映像のように蛍光物質を加えたり、鉄粉を加えて磁石を使って遊んだりと、いろいろなバリエーションを自分なりに工夫できるところも、人気の理由の一つでしょう。 ■高分子化合物のゲル化 材料の洗濯ノリは、そのまま棒でかき回しても引っかかりしませんが、ホウ砂(四ホウ酸ナトリウムNa2B4O7•10H2O)を加えると硬くなり、そのまま棒にからめて全部を引きあげることもできるようになります。これは、洗濯ノリの主成分であるPVA(ポリビニルアルコール[CH2-CH(OH)]n)という高分子化合物にホウ酸イオン[B(OH)4]-が加わると、PVA分子内あちこちがロックされたような状態(ゲル化)になるからです。動きが制限されたPVA分子間に水分子が留め置かれてしまうため、水を含んだ粘性の高いゲル状の物質となるのです。 ■ユニークな教材として この「スライム」という名称は、英語で泥状・粘液状を示す「slime」をそのままあてたもので、玩具メーカーを通してキャラクター化されてきたという経緯があります。すでに1970年代には商品化されていましたが、実験教材としては、1980年代に海外から紹介されています。高分子化学の学習の一環としてその実験レシピが公表されると、全国に爆発的に広がり、現在に至っています。今や子どもとその親世代を含め、スライムの名を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。 監修:山田暢司(都留文科大学特任教授) 授業に実験を積極的に取り入れ、身近な素材を有効に活用する教材開発に取り組んでいる。科学リテラシー向上のための啓発活動として、メディアへの出演、ドラマやCMの監修など多数。著書に「実験マニア」(亜紀書房)「サクッと!化学実験」(dZERO)「高校教師が教える化学実験室」(工学社)など。

再生時間
00:00:49
配信期間
未定
タイトル情報
美しすぎる化学 by Yahoo!映像トピックス
ビーカーの中で次々に色が変化したり 不思議な模様が現れたり……化学の世界は、まるでアートのよう。サイエンスの知識がなくてもビジュアルで楽しめる「美しすぎる」化学動画をどうぞ。