人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション
再生

ブラウザーで視聴する

人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

人工知能がバンドのメンバーに! AIと人間によるジャズセッション

なんと人工知能(AI)がジャズのセッションに挑戦したという。 ジャズセッションといえば、相手の音を受けて、その場で即興演奏をするという、難易度が高すぎるスタイル。 文章、絵画、将棋など、様々な分野で活躍しているAI技術だが、今回はどういうものなのか? AIがジャズセッションを演奏する仕組み 電通で行われた、AIの理解を深めるイベント「UPDATE{OUR}AI」の一環として「NEURAL JAZZ SESSIONS~AI×人間による実験的なジャズセッション~」という、ジャズ演奏者とAIが演奏する斬新な演奏会が行われた。 AIは、まず人間のジャズ演奏を聴き、「音の長さ・音階・強弱・速度」を分析。それに合わせたフレーズを、ハモンドオルガンのような音で演奏する。 ぜひ音付きで動画をみていただきたいのだが、違和感のないAIの演奏は必聴だ。人間が演奏をゆっくりするとAIもゆっくりな演奏で返し、音を高くすると高く返してくれている。 今回のイベントではAIが音を分析しているあいだは「INPUT」、解析してAIが演奏するときは「OUTPUT」と真ん中の画面に大きく表示されているので、視覚的にもわかりやすい。 VJのようなビジュアルも 「INPUT」「OUTPUT」などが表示されるモニターには、他にも、動く幾何学模様のようなものが映されている。これもAIが生成しているものだ。 デザインと実装を行なったのは、“クレイジー”なデジタルエクスペリエンスを開発・制作するBIRDMAN。企画を含めて2ヶ月で完成させたとのこと。 AIはジャズの即興演奏と相性がいいのでは?という仮説から始まったこの企画。AIと人間とのジャズセッションは、おそらく世界初とのこと。 ・ ・ ・ 今回の演奏会は「AIの理解を深める」一環としておこなわれているため、ビジュアル的にも演奏の音的にも分かりやすくしている。 ただ、今後、何も言われずに演奏にAIが入り込んでいたとき、私たちは気がつくことができるだろうか? 技術の進歩に驚くとともに、見えないけど確実に増えるAIに、少しこわくなった。

再生時間
00:01:26
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧