井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん
再生

ブラウザーで視聴する

井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

井上豪希 「鰆の西京焼き炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

嫁の美味しい笑顔を見るために、日々なにをつくろうかなぁと考えて料理をしています。 *** 魚偏に「春」と書いて鰆(さわら)と読みますが、実は冬も脂が乗って美味しい魚です。 今回はそんな鰆を使った炊き込みご飯のレシピを紹介します。 *** <西京漬の材料> 鰆 2切 A 白味噌 200g A 酒 大さじ1 A みりん 大さじ1 A 砂糖 小さじ2 <炊き込みご飯の材料> 米 2号 B西京漬け 2切 B白だし 小さじ1 B白味噌 小さじ2 B水 400cc <作り方> 1. Aを全て混ぜ合わせる 2. 鰆に塩を振り冷蔵庫で寝かす。最低でも1時間くらい寝かした後、流水で軽く洗い、余分な水分をキッチンペーパーで拭き取る。 3. ❶を保存容器に広げて❷に満遍なく塗すようにして漬け込む。冷蔵庫で最低でも一晩は寝かす。2日ほど寝かせたものが美味しいと思う。5日以内には食べ切るようにしましょう。 4. 鰆の表面の味噌は丁寧に拭き取る。 5. 熱したフライパンに油をひいて、鰆の表面にさっと焼き目をつける。 6. 洗米した米に、Bを全てよく溶き合わせたものを注ぎ、上に❹を乗せて炊飯する。 7. 炊き上がったら、鰆を取り出し、身をほぐして骨と皮を取り除いて、ご飯に混ぜ合わせる <ワンポイント> ・西京漬けにした鰆の表面の味噌は綺麗に拭き取りましょう。魚臭さを防ぐことができます。

再生時間
00:02:55
配信期間
未定
タイトル情報
井上豪希
おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の料理担当で旦那の方です。自然豊かな大分県玖珠町に生まれ、野菜も肉も獲って食うことが自然な環境で育ちました。料理人の父親の影響もあり、5歳から包丁を握っていたそうです。お店より美味しいホームパーティーが体験できる「てとてと食堂」の主宰でオーナーシェフをやっています。その一方で日常のご飯は、「いかに嫁をよろこばせられるか」「簡単に美味しくできるか」に主眼をおいて研究と研鑽の日々を送っています。「嫁をよろこばせる旦那ごはん」というテーマで、そんな日常のレシピと調理風景をお届けしたいと思います。