井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん
再生

ブラウザーで視聴する

井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

井上豪希 「舞茸の炊き込みご飯」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

嫁の美味しい笑顔を見るために、日々なにをつくろうかなぁと考えて料理をしています。 *** 通常の炊き込みご飯は、具材を入れて炊き込むと思うのですが、そうすると舞茸の香りや食感がぼやけてしまいます。 そこで、ご飯は出汁のみで炊き込んだのち、バターで焼いた舞茸を、炊き上がったご飯にまぜあわせます。そうすることで、一緒に炊き込むよりも香高く、食感もコリコリした炊き込みご飯にしあがります。 具材を炊き込まずに、焼くという発想で作った第一号のレシピがこちら! 舞茸の香りが炊き込んだものと段違いなので、試して欲しいです。 *** <作りやすい分量> 舞茸 1株(200g程度) 米 2号 バター 10g A白だし 大さじ1 A醤油 小さじ2 A水 380cc <作り方> 1. 米を洗い、 Aを入れて炊飯する。 2. 舞茸を適当な大きさにちぎって、フライパンに並べる 3. 重石を乗せて弱火で片面を10分ほど焼く。水分が出てくるので、水分がなくなるまで火を入れるのがポイント 4. 火を止めてバターを絡ませ、置いておく。 5. 炊きあがったご飯に、4を乗せて混ぜあわせ、完成 <ワンポイント> ・重石を乗せて片面を焼く。水分が出てくるので、水分がなくなるまで火を入れるのがポイント <参考情報/Yahoo!ショッピング> ◆炊飯器(バーミキュラライスポット):https://00m.in/WRnaX ◆オススメしゃもじ:https://00m.in/3q1zz

再生時間
00:01:22
配信期間
未定
タイトル情報
井上豪希
おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の料理担当で旦那の方です。自然豊かな大分県玖珠町に生まれ、野菜も肉も獲って食うことが自然な環境で育ちました。料理人の父親の影響もあり、5歳から包丁を握っていたそうです。お店より美味しいホームパーティーが体験できる「てとてと食堂」の主宰でオーナーシェフをやっています。その一方で日常のご飯は、「いかに嫁をよろこばせられるか」「簡単に美味しくできるか」に主眼をおいて研究と研鑽の日々を送っています。「嫁をよろこばせる旦那ごはん」というテーマで、そんな日常のレシピと調理風景をお届けしたいと思います。