井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希
再生

ブラウザーで視聴する

井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

井上豪希 「白子とタクアンのクリームコロッケ」by 井上豪希

*** 今が旬、なめらかな舌触りの鱈の白子を使って、クリームコロッケをつくろう。 タクアンで味と食感にアクセントをつけるのもポイントだ。 *** <材料>2人前 ■具材 鱈の白子 200g ・白子の処理用 水 500cc 酒 大さじ2 塩 15g ■タネ  タクアン 25g たまねぎ 1/4個 無塩バター 30g 薄力粉 30g 牛乳 200ml 白だし 小さじ1 ■バッター液 卵 1個 薄力粉 50g ■揚げ・仕上げ パン粉 50g 揚げ油 適量 ウスターソース 大さじ1 ディル 適量 ■タルタルソース マヨネーズ 30g エシャレット 1/2個 紅生姜 10g <作り方> 1. 白子の処理をする。 ・白子を流水で優しく洗い、1つ50g程度に切り分けます。 ・ボールに水、酒大さじ2、塩15gを入れ、そこに白子を加え、30分ほど漬けます。 ・30分後、軽く混ぜてぬめりを取り、流水で洗い流したら、沸騰したお湯に入れ、さっとお湯通しします。その後すぐに氷水に入れて締め、ザルに上げて水気を切りましょう。 2. タネの材料を切る。 ・タクアンは0.5cm角に、エシャレットはみじん切りにします。 3. ホワイトソースを作る。 ・弱火で熱したフライパンに無塩バターを溶かし、薄力粉を加えて粉気がなくなりさらさらするまで弱火で炒めます。 ・牛乳を少量ずつ3回に分けて加え、全体がまとまってきたら❷のタクアンとエシャレットを加え、塩と白だしで味を整えます。バットに移し、落としラップをして冷蔵庫で60分程冷やし固めます。固まったら、4等分にして、白子をひとつずつ包み、優しく成形します。 4. バッター液を作る。 ・ボウルに卵を割り入れよく混ぜた後、薄力粉を加えさらに混ぜ合わせます。 5. クリームコロッケを揚げる。 ・❸をバッター液にくぐらせ、パン粉をつけます。 ・鍋に揚げ油をそそぎ、180度に熱したらクリームコロッケを入れ、衣がきつね色になるまで1分程揚げたら油を切ります。 6. タルタルソースを作る。 ・エシャレットと紅生姜を、みじん切りにします。 ・材料を全て混ぜ合わせます。 7. 盛り付ける。 ・ディルを飾って完成!お好みでウスターソースをつけながら食べるのがおすすめです。 <ポイント> ・白子の下処理をしっかりすることで、美味しさがぐん、とアップします! ・タクアンとエシャレットを加えることで、まろやかな味わいをぐっと引き締めます。 ・ウスターソースのおすすめは、トリイソースです。

再生時間
00:02:28
配信期間
未定
タイトル情報
井上豪希
おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の料理担当で旦那の方です。自然豊かな大分県玖珠町に生まれ、野菜も肉も獲って食うことが自然な環境で育ちました。料理人の父親の影響もあり、5歳から包丁を握っていたそうです。お店より美味しいホームパーティーが体験できる「てとてと食堂」の主宰でオーナーシェフをやっています。その一方で日常のご飯は、「いかに嫁をよろこばせられるか」「簡単に美味しくできるか」に主眼をおいて研究と研鑽の日々を送っています。「嫁をよろこばせる旦那ごはん」というテーマで、そんな日常のレシピと調理風景をお届けしたいと思います。