井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん
再生

ブラウザーで視聴する

井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

井上豪希 「山菜散らしおこわ」 by 嫁をよろこばす旦那ごはん

嫁の美味しい笑顔を見るために、日々なにをつくろうかなぁと考えて料理をしています。 *** スーパーに山菜が並びだすと「春が来たなぁ」とウキウキしてきます。 山菜を使うのは難しいと思ってる人も多いと思いますが、市販のアク抜きされたものを使えば簡単につくれます。 アク抜きが必要ない山菜と組み合わせて使うと彩もよくなります。 今回は、春の山菜をたっぷり使ったおこわを作ってみたいと思います。 *** <材料> 米: 1合 餅米: 1合 タラの芽:6個 うど  :1/5本 ゼンマイの水煮:1袋 白だし :大さじ1 白たまり:大さじ1 水:210cc <作り方> 1. 米・もち米を洗って、水に1時間以上つけておく。可能であれば一晩。 2. タラの芽を洗って適当な大きさに切る。うどは皮を厚めに剥いて、適当な大きさに切って、酢(分量外)を入れた水につけておく。ゼンマイの水煮は水気を切って適当な大きさに切っておく。 3. 米・餅米、白だし、白たまり、水、ゼンマイの水煮を一緒に鍋に入れて煮たたせながら含ませる。火を止めてから、残りの山菜類を加えてざっくり和える。 4. セイロに蒸し布をひいて、❸を広げ、蒸す。湯気が上がってきてから、25分ほどで蒸し上がる。 <ワンポイント> 出汁を蒸す前に煮含ませるのがポイント。

再生時間
00:01:47
配信期間
未定
タイトル情報
井上豪希
おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の料理担当で旦那の方です。自然豊かな大分県玖珠町に生まれ、野菜も肉も獲って食うことが自然な環境で育ちました。料理人の父親の影響もあり、5歳から包丁を握っていたそうです。お店より美味しいホームパーティーが体験できる「てとてと食堂」の主宰でオーナーシェフをやっています。その一方で日常のご飯は、「いかに嫁をよろこばせられるか」「簡単に美味しくできるか」に主眼をおいて研究と研鑽の日々を送っています。「嫁をよろこばせる旦那ごはん」というテーマで、そんな日常のレシピと調理風景をお届けしたいと思います。