世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット
再生

ブラウザーで視聴する

世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

世界の一等賞 season2 アニメ好きの夢をかなえた群馬の巨大ロボット

誰もが驚くミラクルな偉業から、謎の情熱により達成された珍記録まで、世界の「一等賞」な人々やモノゴトをご紹介。 群馬県の榊原機械株式会社。機械の開発製造を手掛けるこの企業が開発した巨大ロボットが「最大の有人搭乗型ヒューマノイドロボット」としてギネス世界記録に認定されました。 「MONONOFU」と名付けられたこのロボットは、高さ8.46m、長さ4.27m、幅4m。人が操縦するコックピットが搭載されていて、まさにアニメやマンガで見たあこがれの世界! 外国人にもウケるよう、武将風のデザインです。 2013年にも同社で「LAND WALKER」という搭乗型ロボットを手掛けた開発者の南雲さん。今回の「MONONOFU」も、当初は5~6mを想定していたものの、操縦席を作るとその高さでは狭すぎることが判明。しかし倉庫のシャッターは7mしかありません。社長に相談したところ、「高さは気にしなくていい」との回答があり、8mを超える仕上がりになったそう。操縦者はリフトを使って機体に搭乗しますが、立った姿勢でかっこよく乗り込めるよう工夫されています。 世界のアニメファンの夢をかなえた日本発のロボット。次はどんな夢を実現してくれるのか、楽しみですね。 ※ギネス世界記録(TM)は、ギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です

再生時間
00:01:43
配信期間
未定
タイトル情報
世界の一等賞 season2
誰もが驚くミラクルな偉業から、謎の情熱により達成された珍記録まで、世界の「一等賞」な人々やモノゴトをご紹介。