三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)
再生

ブラウザーで視聴する

三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

三陸鉄道リアス線の旅①(岩手県)

三陸鉄道は、日本で最初の第三セクター鉄道。かつて国鉄が計画し、一部区間開通しただけで頓挫した三陸縦貫鉄道を、岩手県などが出資して第三セクター鉄道を設立。久慈~宮古間の北リアス線、釜石~盛間の南リアス線を開通させたのは、1984年のこと。その後、2011年の東日本大震災に伴う大津波で、大きな被害を受けたが、震災のわずか5日後に被害の小さかった一部区間出運転を再開し、復興への希望の光と言われた。 高架線やトンネル区間が多かったため、同時に不通になったJR各線より早く3年後には北リアス線、南リアス線ともに復旧。そして、2019年3月に、JRが列車の運転再開を断念した山田線の宮古~釜石間を三陸鉄道が継承し、久慈~盛間163.0キロの路線が、リアス線として一本の線路でつながったのである。 今回は、その長大な路線のうち、かつて北リアス線と呼ばれていた久慈~宮古間71.0キロをご紹介する。

再生時間
00:00:50
配信期間
未定
タイトル情報
テツドラー田中
1955年神戸市生まれ。本名は田中正恭(たなかまさやす)。甲南大学卒。神奈川県在住。生来の鉄道ファンを自認し、1981年国鉄全線、2000年国内鉄道全線走破のほか、シベリア、カナダ、オーストラリアの横断鉄道など、世界27カ国を鉄道旅行。主に鉄道関連の執筆活動を続けている。著書に『消えゆく鉄道の風景』『終着駅』(自由国民社)、『夜汽車の風景』『日本縦断客車鈍行の旅』(クラッセ)、『プロ野球と鉄道』(交通新聞社)などがある。TBS『マツコの知らない世界』、フジテレビ『極タウン』、文化放送『くにまるジャパン極』等にゲスト出演。雑誌寄稿多数。その他、離島めぐり、プロ野球観戦、地酒、エスニック料理など多趣味な人生を送る。
GYAO! 広告

映像一覧