三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者
再生

ブラウザーで視聴する

三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

三国志~趙雲伝~ 第36話 夏侯傑を殺せし者

まで

趙子龍(ちょうしりゅう)は、ホウ統(ほうとう)の「初心を思い出せ」という言葉に、劉備(りゅうび)のもとに向かうことを決意する。柳慎(りゅうしん)たちを先に向かわせ、1人で李全(りぜん)の墓参りに戻った子龍。しかし、そこには夏侯傑(かこうけつ)が待ち伏せていた。激しい戦いの末、自らが繰り出した卑劣な技のために負傷した夏侯傑。子龍は、動けない夏侯傑の目の前で「楽毅(がくき)百戦術」を火にくべ……。

再生時間
00:47:37
配信期間
タイトル情報
三国志~趙雲伝~
時は後漢末期、専横を極める董卓は、皇帝が密かに趙安と李全に託した2本の宝剣、倚天剣と青コウ剣を手に入れんと常山郡に兵を送り込み、青コウ剣を守ろうとした趙安は命を落とす。(全59話)
時は後漢末期、専横を極める董卓は、皇帝が密かに趙安と李全に託した2本の宝剣、倚天剣と青コウ剣を手に入れんと常山郡に兵を送り込み、青コウ剣を守ろうとした趙安は命を落とす。趙安の息子、趙子龍(趙雲)は青コウ剣を持ち、真定県にいる父の弟弟子、李全を頼ることに。そこで、趙子龍は運命の女、夏侯軽衣と恋に落ち、軽衣の許婚であり、宿命のライバルとなる高則と出会う。李全のもとで武芸の腕を磨き、山賊の手から真定県を守り抜いて英雄と称えられた趙雲は、国を立て直すために仕えるべき明君を求めて世に旅立つ。そして、後に蜀の初代皇帝となる劉備と出会い……。
更新予定
金・土・日 00:00