七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

七人の秘書 Mission4 2020年11月12日放送分

まで

警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。 そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)が店主のラーメン店「萬」へ連れていく。そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、事件を隠蔽した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。

再生時間
00:45:09
配信期間
タイトル情報
七人の秘書
えらい人への仕返し?承知しました。
この世を動かしているのは国や財政のトップではない。 実は、影の黒子たちだ――。 要人であるボスを支え、組織に仕え、目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たち。 “影の軍団”として密かに集められた彼女たちが今、理不尽だらけの日本社会を裏で操り、変えてゆく…! “影の軍団”の正体は、銀行や警視庁、大学病院、都庁のトップ=要人に仕え、組織に溶け込み、目立たぬことを極意とする、名もなき「秘書」たち。表の仕事を忠実に務める一方、裏で密かに集められた彼女たちが副業として請け負うのは「人助け」。理不尽な目に遭う社会の弱者を救い出すべく、ずば抜けたスキルや膨大な極秘情報とネットワークを駆使し、見事なまでに“裏仕事”をこなす。時には警察や法律で裁くことのできない理不尽さえも駆逐し、金や権力にまみれた非情な支配者たちを一掃。誰も気付かないうちにことを解決する。 キャスト 木村文乃 広瀬アリス 菜々緒 シム・ウンギョン 大島優子 ・岸部一徳・ 室井滋 江口洋介 スタッフ 脚本:中園ミホ 香坂隆史 林誠人 演出:田村直己(テレビ朝日) 山田勇人(ザ・ワークス) 片山修(テレビ朝日) 音楽:沢田完 W主題歌:milet『Who I Am』『The Hardest』(ソニー・ミュージックレーベルズ) エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日) プロデューサー:大江達樹(テレビ朝日) 浜田壮瑛(テレビ朝日) 大垣一穂(ザ・ワークス) 角田正子(ザ・ワークス) 制作協力:ザ・ワークス 制作著作:テレビ朝日 放送日 2020年10月~12月

次の映像

広告

映像一覧

GYAO!ストア(有料)