レッド・クイーン 第7話
再生

ブラウザーで視聴する

レッド・クイーン 第7話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

レッド・クイーン 第7話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
レッド・クイーン 第7話

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
レッド・クイーン 第7話

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
レッド・クイーン 第7話

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

レッド・クイーン 第7話

レッド・クイーン 第7話

まで

パリで再会したレギーナとヴォロデンカ。再会を喜ぶヴォロデンカに対し、レギーナは会えないまま、中絶したことなど辛かった日々をぶつける。その事実にヴォロデンカは絶句する。マリナはエドモンに求婚されるが、ホテルに朝帰りしたところをカレルヤに見つかり、厳しい処罰を与えると言い渡される。ソ連に帰国したレギーナは久しぶりにアヴグスタは訪ねるが、彼女はこの夏亡くなっていた。レギーナはアヴグスタと出会った公園で悲しみにくれる。アラロワはパリでのショーの成功でモデル会館の芸術監督に任命されるが、ジッパー付きブーツの製造は見送られる。帰国後代表のモデルたちはみんなKGBからパリでの報告を厳しく受けていた。KGBは弱みのあるモデルたちを見つけて外国人へのスパイ活動を課そうとしていた。ある日、伝言を受け取ったレギーナがアラロワの家に行くと、リョーワが眠っていた。レギーナのいない日々が辛かったと嘆くリョーワだが彼には妻子がいた。レギーナはリョーワのことをあきらめようとするが、彼が妻子と別れて結婚したいという情熱を受け入れる。2人の生活が始まる。リョーワの創作意欲は戻り、レギーナの活躍は続き流行のトップモデルの女王として君臨する。何もかも順調の中、運転中のレギーナは妻が産気づいている夫婦に車を止められる。妊婦はタタだった。レギーナは子供の出来たタタに会ったことで眠っていた自分の心の何かを感じ始めていた。

再生時間
00:55:02
配信期間
タイトル情報
レッド・クイーン
1959年、フランス・パリ。華やかなファッション・ショーでフラッシュの嵐を受ける女性がいた。
1959年、フランス・パリ。華やかなファッション・ショーでフラッシュの嵐を受ける女性がいた。彼女の名はレギーナ・バースカヤ。彼女こそ、ソ連で最も有名な伝説のモデルである。18歳のゾーヤ(後のレギーナ)は学校に通いながら母ダリヤの清掃の仕事を手伝っていたが、酒を飲んでは荒れる父コーリャがダリヤを殺そうとしたことで、たまらなくコーリャを殺してしまう。ダリヤはゾーヤをかばい、自分が殺したと警察に言い張り、懲役刑となる。ゾーヤは人生をやり直すため「レギーナ」と名前を変え、モスクワに向かう。国立映画大学に入学したレギーナは世界学生祭のパーティーから抜け出した夜暴行に遭い、保護された警察でアラロワというファッション・デザイナーと知り合う。アラロワは新しいスタイルに合うレギーナのファッションモデルとしての才能を見抜き、レギーナはモデルの道を歩み始める。モスクワではディオールのショーが開かれ、レギーナは芸術家のリョーワと運命的な出会いをする。レギーナはリョーワのギラギラする野性的な魅力を感じ、リョーワもレギーナの類まれな美しさに惹かれていた。モスクワにも新しいファッション導入を考えていたアラロワにフランス・パリでソ連ファッション・ショー開催のオファーが届く。ショー当日、パリの観客の反応は鈍く失敗と思われた中、ジッパーのついたブーツで登場したレギーナは観客の大喝采を浴びる。レギーナはヨーロッパ中に知られる人気モデルへと名を上げていくのだった。
更新予定
金 00:00