ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」
再生

ブラウザーで視聴する

ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

ランチタイムの2時間前から加熱! 電子レンジ要らずの自動温めお弁当箱「LunchEAZE」

冷めてしまったお弁当が苦手な人は必見かも? アメリカのスタートアップが開発した「LunchEAZE」は、コードレスで自動で発熱してくれるお弁当箱。 食事の時間を設定すればいつでもどこでも出来たてのような温かい食事をとることができる。 現在Kickstarterでクラウドファウンディング中。日本への発送はしていないようだ。 「LunchEAZE」の使い方4ステップ 「LunchEAZE」はBluetooth接続したスマホからランチタイムを設定すれば、2時間前から加熱をはじめてくれる。 食品をいれる容器と加熱する容器がわかれているため、食品を入れる容器は食洗機で洗うことも可能。 冷凍食品をそのままいれて加熱することもでき、最終的に約71℃~80℃まで温めてくれるそう。 ステップ1:食品をお弁当箱につめる 「LunchEAZE」には凍った食品も入れることが可能で、凍らせておいた作り置きの食品をどんどん入れていける。 ステップ2:食事の時間を入力 「LunchEAZE」は独自のアプリが用意されている。Bluetooth接続したスマホからランチタイムを入力すれば、2時間前から加熱を開始してくれる。 AndroidとiOSどちらも用意されており、Bluetooth4.0搭載のスマートフォンであれば誰でも使用可能だ。 ステップ3:マイペースに食べる ランチタイムになったらお弁当を開いて自分のペースで食べる。バッテリーは2時間半もつようになっているため、30分間は保温を続けてくれる。 最後の一口まで美味しく頂けそうだ。 ・ ・ ・ 電子レンジの使えない場所で活躍しそうな「LunchEAZE」。いつでもどこでも温かい食事が食べられる未来へ。

再生時間
00:01:01
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧