ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較
再生

ブラウザーで視聴する

ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

ヤングマシン ホンダPCXシリーズフルモデルチェンジ・新旧徹底比較

2009年(日本国内へは2010年)に、クラス初のアイドリングストップ機能を備えて登場したPCX(125)。2012年には高速道路を走れるPCX150が登場。2014年には初のフルLED化を達成。2018年にはフレームを含むフルモデルチェンジを敢行。ハイブリッドモデルやエレクトリックモデルも登場させるなど、“先進機能”といえばPCXというほどのイメージを確立させた。2021年モデルは、従来からの“パーソナル・コンフォート・サルーン”というコンセプトをさらに追求するため、快適性を徹底的にアップ。フレーム刷新、エンジン4バルブ化を含む大々的なフルモデルチェンジが行われた。'20年12月10日には横浜にてメディア向けの撮影・試乗会が実施され、ヤングマシンチームは、従来型のPCX125/150を現場に持ち込んで徹底比較を行った。その様子をフリーライターの谷田貝 洋暁がレポートする! 主要諸元■全長1935 全幅740 全高1105 軸距1315 シート高764(各mm) 車重132kg ■水冷4スト単気筒 156[124]cc 15.8ps/8500[12.5ps/8750]rpm 1.5kg-m/6500[1.2kg-m/6500]rpm 変速機CVT 燃料タンク容量8.1L ブレーキF/R=ディスク タイヤサイズF=110/70-14 R=130/70-13 ●価格:40万7000円[35万7500円] ※[ ]内はPCX

再生時間
00:17:04
配信期間
未定
タイトル情報
ヤングマシン
1972年に創刊された日本の老舗モーターサイクルマガジン『ヤングマシン』。常にその時代の熱いバイク達を追い続け、最新モデル&アイテムの実証テストに定評がある。また、代名詞となる新車スクープはRG400/500Γ時代(1984年3月号掲載)から30年以上続いている名物企画で、業界内の生情報を独自追跡したものが主となっている。メイン読者層は50代とそのジュニア世代となる20代。ブランドタイトルの“ヤング”という単語はさすがに時代錯誤とはなったが、信条はバイク乗りの多くが持ち合わせている“ヤング・アット・ハート”だ。