モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理
再生

ブラウザーで視聴する

モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

モンスターハンターワールドに登場するハンター飯のミニチュア作ってみた!! #2 魚介料理

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。今回挑戦しているミニチュア作りは人気ゲームソフト「モンスターハンターワールド」に登場するハンター飯です。プレートにのった料理を一品ずつ作っていますが #1の動画ではチキン料理のミニチュアを作りました。そして#2の今回は同じプレートにのっている魚介料理のミニチュアを作ります。 ゲーム内の料理なので使われている食材など詳細は不明ですが、見た目からブイヤベースみたいな料理かな?と予想して、魚、貝、エビの具の入ったミニチュア料理を作ってみることにしました。 ちなみにモンスターハンターというゲームを知っている方は多いと思いますが、ハンター飯に関してはゲームを遊んだことがないとピントこないかもしれませんので簡単に説明すると、ハンター飯とはゲーム内で食べられる料理で、食べることで体力アップやスタミナアップ効果などを得ることができる料理です。料理を食べてモンスターを狩りに行くことで戦いを有利に進めることができるので、狩りに行く前に食べるのは必須といえるかもしれません。 【製作工程】 魚 1.白い粘土を魚の切り身の形にして、表面にスジを入れます。 2.同じく白い粘土を薄く伸ばし、ピンバイスの筒部分を利用して鱗に見立てた模様をつけます。 3.それを細く切り、1の身に接着して皮とします。 4.アクリル絵の具の銀とグレイッシュベージュを塗ります。 ここでグレイッシュベージュを使ったのはゲーム内に登場する「ガライーバ」を意識したためです。見た目だけだとアマゾン川に生息するナマズに近いものを感じますが、いったいどんな味なのでしょうか? 貝 1.ムール貝の形を参考にエポキシパテで作った貝殻の原型を自作バキュームフォーマーに設置します。 2.そこに電気コンロで温めた0.5ミリ厚のプラバンを押し付けます。 3.余分なプラバン部分を切り落とし、貝殻の内側は白、外側は黒く塗ります。 4.オレンジ色の粘土で作った貝の身をのせて、クリアーを身に塗ります。 5.貝殻同士を接着します。 エビ 1.白い粘土を片側が細くなるように伸ばし、それをエビのように丸まった形にします。 2.細くなった方の粘土を潰して尾っぽとします。 3.絵の具でオレンジ色に着色します。 仕上げ 1.作った食材をお皿にバランスよく配置します。 2.そこにややくすんだオレンジ色に着色したUVレジンを流し込みます。 3.レジンを硬化させて完成です。 今回はかなり想像で作る部分が多かったですが、いかがだったでしょうか? これで「チキン」そして「魚介料理」を作りましたが、引き続き「ハムとソーセージ」「串焼き料理&完成」の順番でそれらしい見た目のものへ仕上げていければと思っておりますのでよろしくお願いします。 ではまた次のミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。 ご視聴ありがとうございました。 音源提供:Nash Music Library

再生時間
00:01:32
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。