モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】
再生

ブラウザーで視聴する

モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

モロケン/MorokenGo 何が違うの?13万円の高級テントを2年間使ってみた感想【シークアウトサイド レッドクリフ】

皆さんはキャンプの時どんなテントを使用していますか? ドーム型テント、ワンポールテント、ハンモックやバップアップテントなど沢山の種類があると思います。それらのテントの中には形は似ているのに値段が全く違うテントがあったりするのはご存知でしょうか。今回紹介したワンポールテントはseekoutside(シークアウトサイド)のRedcliff(レッドクリフ)という6人用のテントを紹介しました。このテントなんと13万5000円もする高級テントなんです。2021年現在ワンポールテントテントは1万円程度からで買う事ができるのにレッドクリフはなぜ値段が高いのでしょうか。このテントを使用してほぼ2年が経つのでレビューしていきたいと思います。 皆さんこんにちは旅とキャンプのYouTuberモロケンです。今回紹介したのは日本のキャンプシーンに突如上陸した黒船、シークアウトサイドのレッドクリフというワンポールテントです。シークアウトサイドはアメリカのコロラド州に本社を置くキャンプ用品メーカーで、なんとこのメーカーのテントは1つ1つハンドメイドで作られているんです。その証拠にチェックしたスタッフのサインがテントの隅っこに書いてあったりと品質の高いキャンプメーカーとなっています。 今回紹介したテント、レッドクリフは収納時の大きさは1~2人用のテントとほぼ同じ大きさにも関わらず、設置すると横469cm ×幅333cm 高さ208cmと超巨大なテントとなります。最近日本のキャンプメーカーからワンポールテントの大きなものが発売されましたがその重さは12.3kgとかなりの重量です。しかし、レッドクリフはテントのみで1.8kg、ポールとペグで600g、合わせて2.4kgとキャンプ用のテントとしてはかなり軽いテントになっています。 僕はバイクでキャンプをする時によくこのテントを持って行くのですが小さなバイクであればこのテントの中に入れてしまう事ができますし、持ち運びも容易なのでキャンプツーリングに最適なテントだと思います。 6人まで寝れるテントなのになぜこんなにも軽いのかというと...それはズバリ生地が違うからです。キャンプのテントには様々な種類の生地が使われています。先ほど12.3kgで重いといったテントの生地はポリコットンという生地が使われています。難燃性があったり遮光性に優れているといったメリットがある反面重いといったデメリットもあります。 一方、通常のテントにはポリエステルやナイロンが使われています。 そんな中今回紹介したレッドクリフにはコーデュラの『シルナイロン』という生地が使われています。シルナイロンは通常のナイロンの7倍もの強度を持つ超軽量の生地で、軽量にも関わらず摩耗や引き裂き、すり切れに強い素材で軍事用途にも使われています。地球上で最も軽く、最も強い素材の1つとされています。 レッドクリフの生地は全てこのシルナイロンで作られています。通常のポリエステルであれば薄すぎて強度の出ない薄さでもシルナイロンであればテントに加工することが可能で生地が薄い分軽くなっています。軽いけれども丈夫なテントなので荷物を軽くしたいキャンプに最適なワンポールテントです。 薄くて軽いため設営撤収も手軽で、慣れている僕ベースで設営に約2分30秒、撤収は約1分程度でおこなうことができます。キャンプ場についてからテントを張ったり...とキャンプの用意をするのはとても時間のかかる作業ですがレッドクリフであれば素早く設営して多人数収容可能なテントです。 このテントには薪ストーブが使えるようにストーブジャックが付いています。最近のキャンプでは薪ストーブが流行っていますが、このテントであれば煙突ガードなどのオプションを買うことなくほとんどのメーカーの薪ストーブが使用可能です。(一部非対応の物もあり)薪ストーブが使えるテントは以外と少なく、選択肢は多くはありません。中国製のワンポールテントのストーブジャックはとてもチャチなものが使われており高温になる薪ストーブを支えられるとは思えないものが多くあります。シークアウトサイドのテントに使われているストーブジャックはキャンプメーカーの中でもかなり丈夫で厚いものが使われており「安心して」薪ストーブを使う事ができるのでとても気に入っているポイントです。 レッドクリフにはインナーライナーやインナーテントなどのオプション品も多数発売されています。ゲートキーパーなどを使用すれば夏のキャンプでも涼しく過ごせたりと薪ストーブを使った冬キャンプだけでなく1年中使えるテントです。僕も冬は薪ストーブを使用したり、夏はゲートキーパーを使って風を取り込んだりと1年中使用しているテントです。 軽くて丈夫で設営撤収も簡単…

再生時間
00:01:08
配信期間
未定
タイトル情報
モロケン/MorokenGo
動画『公務員辞めて世界を旅してみたらこんな人生になった』でおなじみのモロケンです。「誰よりも分かりやすい」というのが売りで動画の情報量は他を凌駕するほど。Yahoo!でも変わらず頑張っています! 各種SNSのフォローもよろしくお願いします!