パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】
再生

ブラウザーで視聴する

パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

パチンと割れた瞬間、真っ白な気体が…「ぽよよんシャボン玉」【美しすぎる化学】

■白くて弾力と重みのあるシャボン球 ドライアイスをお湯に入れて発生してきた気体を容器の上で大きなシャボン玉にしてみます。すると、通常とはちょっと違った挙動が見られます。大きく膨らみはしますが、中身の気体が重いようで、横にでれーっと広がってきます。しかも、中身が白い煙で充満していて、指でつついて破裂させると、中から白い煙がこぼれ出てくるのです。また、ホースで白い煙を誘導して作ったシャボン玉は、軍手の上でぽよよんとよく弾み、その感触も何やらずしっと重たいようなのです。 ■ドライアイスは昇華しやすい分子結晶 ドライアイスは、二酸化炭素 CO2 の固体で、無極性の分子結晶を構成しています。一般に分子結晶は、分子間での引き合う力が弱いため融点や沸点が低いのです。特にドライアイスは、常温常圧下では固体結晶から分子が直接離脱してしまう「昇華」という現象が激しく起きています。ドライアイスが昇華する際の温度は約-79℃とかなり低く、保冷剤として用いられることでも知られている物質です。例えば、ケーキなどの菓子類の保冷では、液体にならず扱い易いのと、昇華しても気体となって空気中に拡散していくので処理が不要なのです。 ■不思議なシャボン玉の正体は? まず、白い煙の方ですが、おそらくは微小な水滴(または氷)であると考えられます。水やお湯に投げ込んだとき、低温の二酸化炭素が発生してくるので、水との界面で一部が微小な氷となり、一定の大きさの粒子となって二酸化炭素に混じってくるのでしょう。また、豊かな弾力があるように見えるのは、シャボン球内部の二酸化炭素が水に吸収されて内圧が低下することや、単に空気よりも重いことによるものでしょう。さらに、内部の湿度が高く水膜への水分補給がされやすいため、割れにくいと考えられます。 監修:山田暢司(都留文科大学特任教授) 授業に実験を積極的に取り入れ、身近な素材を有効に活用する教材開発に取り組んでいる。科学リテラシー向上のための啓発活動として、メディアへの出演、ドラマやCMの監修など多数。著書に「実験マニア」(亜紀書房)「サクッと!化学実験」(dZERO)「高校教師が教える化学実験室」(工学社)など。

再生時間
00:00:49
配信期間
未定
タイトル情報
美しすぎる化学 by Yahoo!映像トピックス
ビーカーの中で次々に色が変化したり 不思議な模様が現れたり……化学の世界は、まるでアートのよう。サイエンスの知識がなくてもビジュアルで楽しめる「美しすぎる」化学動画をどうぞ。