バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」
再生

ブラウザーで視聴する

バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」

バリスタが教える「スーパーで買うコーヒー豆のラベルの美味しい見分け方」 生活を彩るコーヒーの楽しみ方を、毎月テーマを決めてお届けします。 11月は「自分好みのコーヒーを知ろう〜バリスタが教える、今更の聞けないコーヒーの豆知識〜」をご紹介します。 今回は、スーパーで買うコーヒー豆の「ラベルの美味しい見分け方」をご紹介します。 コーヒー豆をスーパーで購入される方も多いと思います。 お店によってセレクトも違いますし、種類も味わいの選択肢も多いので、選ぶのも楽しいですよね! 「ラベルの美味しい見分け方」ポイントは4つ ①豆か粉 をよく見る 買ってから間違いに気がつくこともあると思います。必ず分かりやすく表記されているので要チェック!また、スーパーによってはコーヒー豆の売り場にお豆を挽くグラインダーが設置されているところもあります。おうちコーヒーの抽出方法に合わせて、豆から粉に挽くのもおすすめです。 ②味わい表をチェックする パッケージには味わい表がついています。表記の方法は種類によって違いますが、味わい表を見ていると味の傾向、風味がわかってきます。買う前にぜひ見てみてくださいね。 ③焼き加減をチェックする 浅煎から深煎まで様々な焼き加減があリます。浅煎は軽めの飲み口で、深煎はどっちり重めの傾向があります。例えばフルーティーなアイスコーヒーが飲みたいなら浅煎り、ミルクをくれたカフェオレを作るなら深煎が合うので作りたいメニューがある時は特に焼き加減をチェックしてください。 ④賞味期限を見る 大体のコーヒー豆のパッケージは、焙煎または袋詰めから一年後を賞味期限と設定されていると思います。スーパーに並ぶ、賞味期限からできるだけ新鮮なものを選ぶのも手。 こちらを意識しておくと、思っていた味と大きく違った!と言うことも少なくなり、より自分好みのコーヒー豆に出会えるはず。 そして選ぶのが楽しくなると思います。 ぜひ4つのポイントをチェックして、選んで見てくださいね! Enjoy your COFFEE LIFE! GARTEN COFFEE バリスタ/コーヒーライフプランナー 井野麻美

再生時間
00:00:54
配信期間
未定
タイトル情報
井野麻美(GARTEN COFFEE)
ニュージーランドで美味しいコーヒーと腕利きのバリスタに魅了されコーヒーの道へ。帰国後、フリーポアラテアート世界チャンピオン澤田洋史氏に師事。“TNT JAPAN LATTE ART Competition2013 “初代優勝。コーヒーライフプランナーとして「ちょっと一手間、ぐっと美味しい」お家でも楽しめるコーヒーアイデアを楽しく提案中。2019年1月外苑前にオープンしたコーヒースタンド『GARTEN COFFEE&Seasonal Wishes』バリスタ。"身体と心に染みる美味しいコーヒー"に信念を注ぎ、コーヒーを通して繋がるご縁を大切にしている。二児の母。