バビロン・ベルリン 第3話
再生

ブラウザーで視聴する

バビロン・ベルリン 第3話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

バビロン・ベルリン 第3話

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
バビロン・ベルリン 第3話

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
バビロン・ベルリン 第3話

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
バビロン・ベルリン 第3話

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

バビロン・ベルリン 第3話

バビロン・ベルリン 第3話

まで

ロシアの貨物列車がベルリンに到着。スウェトラーナは運転士に、行き先がイスタンブールからパリに変更になったと告げる。共産主義組織が5月1日にベルリンで禁止されているデモを強行するため、警察は厳戒態勢。その頃、運転士はカルダコフの下宿を訪れ、そこに滞在するラートと鉢合わせする。カルダコフの下宿を張っていたロシア人は、運転士を誘拐。彼を拷問し、貨物の中身と、イスタンブールに向かう理由を聞き出そうとする。

キャスト
フォルカー・ブルッフ リヴ・リサ・フリース ペーター・クルト
スタッフ
トム・ティクヴァ アヒム・フォン・ボリース
再生時間
00:47:51
配信期間
タイトル情報
バビロン・ベルリン
ドイツ史上最大の規模で製作された連続テレビドラマ。1929年、ケルンから首都ベルリンに赴任した刑事ゲレオンは、見せかけの繁栄と犯罪が横行するこの街で何を見たのか。未だ消えぬ戦争の傷、華やかなナイトクラブ、懸命に生きる貧しい少女、東から忍び寄る革命の風―。ナチス台頭前のワイマール共和国を圧倒的なビジュアルで描き、各国の賞を総なめした歴史エンターテイメント。(全8話)
舞台は1929年、ワイマール共和国時代のドイツ。ケルンからベルリンに赴任してきたゲレン・ラート警部は、ヴォルター上級警部と共に地下シンジゲートのポルノ犯罪を捜査している。貧しい一家を支えるため警視庁の記録係として働くシャルロッテ・リッターは刑事に憧れている。戦争によるPTSDに苦しみ薬物に頼るゲレオン。昼は記録係、夜は別の顔を持つシャルロッテ。時代の波に呑まれながらも懸命に生きる2人は、次第に革命と金塊が絡む巨大な陰謀に巻き込まれていく。
更新予定
土 00:00