ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは
再生

ブラウザーで視聴する

ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

ナマケモノだけど働き者?低速ロボット「SlothBot」が環境保護に果たす役割とは

なんだか親しみの湧く姿をしたこのロボット。ジョージア工科大学の研究者がコスタリカで着想を得て開発した、見ての通り「ナマケモノ」を模した新型ロボットだ。 現在アトランタの植物園でテスト運用されているこの「SlothBot」は、木と木の間に張られたケーブルをまさにナマケモノのようにゆっくりと移動しながら、天候、温度、湿度、二酸化炭素レベルなど、生態系保護の研究に必要な情報を収集している。 ノロマなナマケモノならではのメリット 探査型ロボットは素早い動きが必要だと思われがちだが、実はゆっくり動くことのメリットも多い。 まず、ドローン型ロボットや車輪型ロボットに比べてエネルギー効率が高い。特にこの「SlothBot」はボディーにソーラーパネルを搭載し、自己発電しながら長時間に渡って稼働できる。 また、ゆっくり動きながらじっくり観察するからこそ発見できる情報もある。たとえば植物の成長や動物の行動などは、同じ場所で長く観察するからこそ生態が見えてくる代表的なものだ。 他にも、たとえば農業の現場では作物の病気や害虫の繁殖を監視するなど、さまざまな利用方法が検討されている。 開発者はさらに、愛らしい姿のこのロボットが注目されることで、人々が環境保護について考えたり、環境とロボット工学の関わりを知るきっかけになったりすることを期待しているという。 ・ ・ ・ ナマケモノだけど高性能で働き者な新型ロボット。普及したら本物のナマケモノと同じくらい人気者になるかも? SlothBot Georgia Institute of Technology

再生時間
00:00:58
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。