ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】
再生

ブラウザーで視聴する

ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

ナショナル ジオグラフィック 地球一偉大な発射台、第39A発射台【ナショジオ】

この動画の番組は・・・ ■マーズ 火星移住計画「第一話 新世界」より 2033年、宇宙船ダイダロスは6人のクルーを乗せ初の有人火星ミッションに飛び立つ。いよいよ大気圏へ突入する段階となるが、着陸システムが正常に作動しない。地球の管制センターが見守るなか、船長は命がけで故障を直しにかかる。現代のドキュメンタリーでは、民間企業のスペースX社の試みを紹介する。同社は火星への有人飛行に役立つ技術の一つとして、打ち上げたロケットを再び着陸させ再利用することを目指している。 原題:Mars 1 話数:60分×7話 エピソード概要:2033年、宇宙船ダイダロスは初の有人火星ミッションに飛び立ち大気圏へ突入する段階となる。ドキュメンタリーではロケットの再利用を目指すスペースX社の試みを紹介する。 ----------------- ■ナショナル ジオグラフィックとは ナショナル ジオグラフィックは、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていくドキュメンタリーチャンネル。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続けます。

再生時間
00:02:05
配信期間
未定
タイトル情報
ナショナル ジオグラフィック
ナショナル ジオグラフィックは、空中都市マチュピチュ(1911年)や沈没したタイタニック号の発見(1985年)など、歴史に残る数多くの実績を有するナショナル ジオグラフィック協会を母体とし、あらゆる領域の“未知”へ挑み、次世代の“知”へと変えていくドキュメンタリーチャンネル。事実に基づき、エンターテイメント性を兼ね備えたコンテンツを創造し、より多くの人の知的好奇心を刺激し続けます。