ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」
再生

ブラウザーで視聴する

ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

ドラマ「おいしい給食」 第4話「八宝菜に欠かせないもの」

まで

今日のメニューは生徒達の間で好き嫌いが真っ二つに分かれる八宝菜だ。甘利田は、授業参観前の落ち着かないひとみ(武田玲奈)に「保護者を野菜だと思えばいい」とアドバイスする。生徒達が「走れメロス」の感想文を読み上げていく。ゴウが「メロスとセリヌンティウスのように困難に打ち勝ち、美味しいものに出会うように信じてみようと思います」と発表し、シーンとなる教室。給食の時間になり、配膳台に生徒達が列を作り並んでいる。ゴウが悲しそうな顔をして覗き込む。甘利田は、ゴウの嫌いな野菜が八宝菜の中に入っていると考え、勝利を確信するが……。

再生時間
00:24:06
配信期間
タイトル情報
ドラマ「おいしい給食」
80年代。ある中学校で、給食マニアの教師と生徒が、静かな「闘い」を続けていた ― それは、どちらが給食を「おいしく食べるか」。(全10話)
「給食」それは、人生初めての「会食」―。誰もが豊かな経験値を持つ、あの「食」。学校における一日のメインイベントである強制会食。市原隼人主演による、給食マニアの教師と生徒の成長を描く、笑って泣ける学園グルメエンターテインメント誕生!
更新予定
水 00:00