ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分
再生

ブラウザーで視聴する

ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

ドラゴン桜(2005) 第2回 自分の弱さを知れ! 2005年7月15日放送分

まで

財政難で存続の危機にある龍山高校再建のため、東大進学を目的とした特別進学クラス設置をぶちあげ「バカとブスこそ東大へ行け!」と叫んだ桜木(阿部寛)は、1年間で東大合格者を5人出し、龍山高校を超進学校として生まれ変わらせることを宣言する。しかし猛反発した勇介(山下智久)は、学校を出てしまう。この様子を見た教師たちは、理事長の百合子(野際陽子)に対し、桜木のやり方について不満を訴え、特進クラスに生徒が5人集まらなければ、桜木を学校から追い出すよう要求する。そんな中、勇介が自宅に帰ると、疲れ果てた母・節子(石野真子)の姿が。父親が家を出て行ったのだという。そこに借金の取立てがやってきて、父には300万もの借金があることが発覚。勇介は大切なトランペットを質屋に入れ、夜の工事現場でアルバイトを始める。勇介の現状を見た桜木は「弱者は世の中から常に搾取される。そんな世の中から脱出するためにも、東大を目指せ」と勇介を特進クラスへ執拗に誘う。一方、勇介の幼なじみの水野直美(長澤まさみ)は、酔っ払い相手に仕事をする母・悠子(美保純)にうんざりしていた。ある日、書店の参考書コーナーで東大の赤本に手を伸ばすと、向こうからも手が出てくる。クラスメートの小林麻紀(サエコ)だ。するとそこに奥野一郎(中尾明慶)もやってきて・・・。

キャスト
主題歌:「realize」 melody. (TOY'S FACTORY),出演:阿部 寛,出演:長谷川京子,出演:山下智久,出演:長澤まさみ,出演:中尾明慶,出演:小池徹平,出演:新垣結衣,出演:サエコ,出演:矢沢 心,出演:斉藤洋介,出演:デビット伊東,出演:安藤亮司,出演:築山万有美,出演:青山 勝,出演:品川 徹,出演:小林すすむ,出演:寺田 農,出演:金田明夫,出演:野際陽子,音楽:仲西 匡
再生時間
00:46:59
配信期間
タイトル情報
ドラゴン桜(2005)
「人生変えたいなら、東大へ入れ!」 阿部寛演じる元暴走族のリーダーで三流弁護士が、ダメ高校の再建を目指し、落ちこぼれ高校生たちを東大へ現役合格させるまでを描く。
平均偏差値36で大学進学率2%のバカ高校として知られる、龍山高校。24億円の負債を抱え経営危機に陥っていたところにやってきたのが、阿部寛演じる元暴走族のリーダーで今は冴えない三流弁護士・桜木建二。負債整理をするはずが、ふとしたことから方針を変更し「1年後に東大合格者を5人出す超進学校にする」と宣言、東大合格のための特別進学クラスを作る。こうして桜木は、自分の野望実現のために龍山高校を日本一のエリート校として生まれ変わらせようと動き出し、独自のカリキュラムで授業を進める。しかし集まったのは、将来に夢も希望も持てない生徒たち・・・。果たして、龍山高校と生徒たちの運命は!?共演は桜木に巻き込まれ反発する英語教師に長谷川京子。生徒役に長澤まさみ、山下智久、中尾明慶、小池徹平、新垣結衣、サエコら豪華な顔ぶれがそろう。

次の映像

広告

映像一覧