ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ
再生

ブラウザーで視聴する

ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

ソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンに防水スポーツモデルが出たよ

これでソニーの完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンは3台目のミニくまちゃんでーす。2台目にして真打ちのWF-1000XM3( https://creators.yahoo.co.jp/kumayamajun/0300030009 )は昨年ご紹介した通り…… ・音声データの伝送形式をAirPodsと同じくスマホから左右同時におこなうことで切断・遅延を減少 ・WH-1000XM3譲りの強力なノイズキャンセリング効果 ・本体6時間+充電ケース18時間=合計24時間の長寿命バッテリー ・マグネット式にすることで確実に充電できるようになったケース ・タッチセンサーで再生/音量/NC/SIri操作が可能などなど ……といった進化を遂げましたが、しかし、ひとつだけ弱点がございました。 それが防水防塵性能。スポーツやアウトドアによる汗、急な雨には弱かったのです。 その弱点を克服したのが、2020年6月末に登場したWF-SP800Nです。バッテリー寿命こそ合計18時間に減りましたが(その分ケースが軽い!)、WF-1000XM3譲りの性能はそのままにIP55相当の防水防塵性能が付いたため、前述した通り汗や雨に強くなりました。とりわけシリコン製ほイヤーピースはガッチリ耳にホールドする形状ゆえ激しい動きでも外れにくくなりました。 もっともシリコン製は遮音性=静粛性&音質とのトレードオフで、耳栓タイプのコンフォートイヤーピースが付属するWF-1000XM3に比べるとやや劣る印象です。 音質を取るか、防水を取るか、その価格差はわずか1500円ほど。個人的にはかつてのSPORTSウォークマンを思わせる一品ゆえにこっちを選んでしまいそうです。悩ましいですねえ。 ■製品情報(ソニー) https://www.sony.jp/headphone/products/WF-SP800N/index.html ■参考情報/Yahoo!ショッピング SONY WF-SP800N オレンジ https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44casplm2?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products SONY WF-SP800N ホワイト https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44casplkt?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products SONY WF-SP800N ブルー https://shopping.yahoo.co.jp/products/z44caspljn?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_products

再生時間
00:00:32
配信期間
未定
タイトル情報
熊山准
リクルート編集職を経て独立、『R25』にてライターデビュー。執筆分野はガジェット、旅、登山、アート、恋愛、インタビュー記事など。同時に自身のゆるキャラ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動を展開中。ライフワークは夕焼け鑑賞。マレーシア・サバ州観光大賞2015メディア部門最優秀海外記事賞受賞。1974年徳島県生まれ。