ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと
再生

ブラウザーで視聴する

ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

ソニー「α6600」は、また私の1番になっちゃうカメラ。発表会で感じたこと

ソニーが新たなミラーレス一眼「α6600」と「α6100」を発表しました。この魅力をお伝えします! なお、それぞれの発売日はα6100が10月下旬、α6600が11月1日。悩む時間がありますねw α6000シリーズは、イメージセンサーにAPS-C規格を採用したミラーレス一眼です。上位モデルのミラーレス「α7」や「α9」とはセンサーの大きさが異なりますが、その分コンパクトで持ち歩きやすいシリーズです。 実は、α6000シリーズについて、上位モデルに比べるとお手頃で「素人寄り?」なんて印象をもっていました。ところが今回のスペックや機能を見る限り、かなりビデオグラファーの心をくすぐられるものでした。 マイク端子とヘッドフォン端子を搭載 α6600には、αシリーズ初の、マイク端子・ヘッドフォン端子が搭載されました。 これって完全にビデオグラファー向けに考えられたスペックではないでしょうか?? ソニーと言えばの、小型ボディ 今回の発表会で、タッチアンドトライしたのは「α6600」 ボディの重さは約503g。16−55mmのレンズがついていても片手で持てるサイズでした。レンズはフルサイズで換算すると24-50mmに相当するので、街歩きにぴったりかもしれません。 長時間持ち歩いても苦にならなそう! 驚いたのは、こんなに小型なのに、上記に書いたようにマイク端子・ヘッドフォン端子が搭載されているのすごい! バッテリーの持ちが伸びた なんとa6500に比べて、バッテリーの持ちが231%も伸びました。 発表会で登壇した、ストリートフォトグラファーの川音真矢氏は電源をつけた状態で約5時間ほど持ったそうです。 私は、α7Ⅱをよく使うのですが一番フラストレーションが溜まるのは充電の持ちが悪いところ。写真と動画ではバッテリーの消費時間は違うと思いますが、バッテリーが持つカメラほど安心なものはないですよね。 リアルタイムトラッキング / 瞳AFを動画でも ソニーが誇るリアルタイムトラッキングと瞳AFが動画でも使用できます。 被写体をモニターでタッチするだけで、自動追尾することもできます。 人物やペットを撮影しても、、もうピントがずれません。 180度チルト可動式液晶モニター搭載 α7シリーズにはない、180度チルト可動式液晶モニターが付いてます。ということで、自撮りやVlogも簡単にできますね! 価格は? 「α6600」の ボディ が160,000円前後、「α6100」 ボディが90,000円前後 と比較的手を出しやすい値段です。。 ・ ・ ・ ソニーのカメラって、たくさんありすぎてわけがわからないですよねw 私は旅行が好きなので、旅行に持っていくカメラを考えた時に、この前レビューしたばかりの、RX100 Ⅶよりいいカメラが思いつかないんですけど。 多分α6600を借りちゃったら、またそれが一番になっちゃうんだろうな。 カメラは使ってみないとわからないので、是非ソニーストアか10月に行われるユーザーイベントで実機に触れてみて下さい。 Sony

再生時間
00:01:08
配信期間
未定
タイトル情報
bouncy / バウンシー
「bouncy」は、「動画」をメインにファンとコミュニケーションする、ミレニアル世代のための「テクノロジー&ガジェットメディア」です。 未来を実現する最先端のテクノロジー つい欲しくなる新しい概念のプロダクト 思わず驚嘆する秀逸なアイデア 世の中を良い方へと導く社会性のある取り組み 見る者の心を掴む創造性あふれるアート 今まさに、世界中で起きているこれらの出来事を、編集部で集め、調べ、取材し、わかりやすい動画と共に毎日お届けします。
GYAO! 広告

映像一覧