ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!
再生

ブラウザーで視聴する

ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

ジブリ飯 耳をすませばに登場したお菓子 ラッコのマーチのミニチュア作ってみた!!

みなさんこんにちは!ミニチュアクリエイターのheibonkinokoです。 この動画ではスタジオジブリの映画「耳をすませば」に登場したお菓子「ラッコのマーチ」のミニチュア作りをお届けします。 ラッコのマーチは主人公である月島雫が食べていたお菓子です。 映画ではほんの少しの登場で設定など詳しい情報がわかりませんでしたので、見た目からポテトチップスのようなもので、味はラッコという商品名から海を連想して「うすしお」もしくはラッコが食べる二枚貝から「ホタテ味」などではと勝手に想像して作ってみました。 【製作の流れは以下のようになります】 1.黄土色の絵の具で薄っすら色付けした樹脂粘土を伸ばし棒で薄く伸ばし、歯ブラシで表面に凹凸をつけます。 今回は0.3ミリの厚さになるように伸ばしてみました。 2.その粘土を三角形のアルミ板で型抜きし乾燥を待ちます。 この作業用に三角のプラ棒に0.1ミリのアルミ板を巻いて型抜き用の道具を作ってみました。 3.乾燥したらタミヤの「焼き色の達人」を使って焼き色をつけてチップスを完成させます。 味の設定からチップスの色は薄めにしようと決めていたので、左のうす茶のみで仕上げました。 4.PCで似たデザインを作り紙に印刷します。 5.袋の形にカットしたら裏側に銀色のフィルムを両面テープで貼り、はみ出した部分はナイフでカットします。 銀のフィルムは全面に貼らず、下部とサイド一か所に幅1ミリほどのボンドをつけるのりしろを残しておきます。 6.5を袋状にしたら先に作っておいたお菓子を詰めて完成です。 いかがだったでしょうか? ジブリ映画に登場する多くの食べ物のなかでも少しマニアックな部類かもしれませんので、わからないよって方は是非「耳をすませば ラッコのマーチ」などのキーワードで画像検索してみてください。 それではまた新しいミニチュアが完成しましたらご報告させていただきます。

再生時間
00:01:07
配信期間
未定
タイトル情報
heibonkinoko
YouTubeで「HMS2-ハムスターのミニチュア工房2」という、ミニチュアを中心としたモノ作りチャンネルを運営しています。動画の内容は粘土やプラバンなどを使った日常の生活で目にする食べ物や家具・家電などのミニチュア作りがメインです。こちらのYahoo! JAPAN クリエイターズプログラムでは、そうしたミニチュアの製作シーンを簡潔にまとめた1~2分で楽しめる動画作りを心掛けています。より細かな製作シーンをご覧になりたい方はYouTubeのチャンネルへお越しください。