シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」
再生

ブラウザーで視聴する

シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

シネマトゥデイ SEKAI NO OWARI・Fukase、菅田将暉からのメッセージに「ジーンときちゃった」

映画『キャラクター』公開記念舞台あいさつに、Fukase(SEKAI NO OWARI)、永井聡監督が登壇。 〜見どころ〜 『アルキメデスの大戦』などの菅田将暉と、バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバーで本作が俳優デビューとなるFukaseが共演するサスペンス。悪を描けない漫画家が、偶然目撃した猟奇的な殺人犯を参考に漫画のキャラクターを生み出すも、それにより人生を翻弄(ほんろう)される。原案・脚本を担当するのは、漫画原作者として「MASTERキートン」などを手掛けてきた長崎尚志。監督を菅田が主演した『帝一の國』などの永井聡が務める。 〜あらすじ〜 漫画家のアシスタントをしている山城圭吾(菅田将暉)は、画力は高いが、お人好しな性格のためか悪役をリアルに描けない。ある日、圭吾はスケッチに訪れた一軒家で、殺害された家族と犯人(Fukase)の顔を見てしまう。圭吾は犯人をモデルにキャラクターを創り上げ、ついに売れっ子漫画家になるが、漫画をなぞるような事件が次々と発生。そして、犯人の男が圭吾の前に現れる。 作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025858 公式サイト:https://character-movie.jp/ (C) 2021映画「キャラクター」製作委員会

再生時間
00:02:23
配信期間
未定
タイトル情報
シネマトゥデイ